私達の事

若竹ミュージカルは東京学芸大学教育学部附属特別支援学校の卒業生とその家族・教師、支援者そして東京学芸大学管弦楽団を母体にして発足した若竹ミュージカルオーケストラによって結成された音楽好きの仲間達です。

卒業後の生涯学習として、知的障害者本人とその家族、支援者が共に学び合いながら総合芸術であるミュージカルを創りあげる事を目的としています。

 1993年の夏に教師の呼びかけにより発足して以来、19年目に入り「サウンド・オブ・ミュージック」、「ウエスト・サイド・ストーリー」、「屋根の上のヴァイオリン弾き」そして、昨年より日本語で作られたオペラ「ロはロボットのロ」に挑戦し、学内及び学外で20回以上の公演を行って来ました。

 私達のミュージカルは、知的障害者本人の表現したいと思うことを大切にしています。既成の台本をそのまま演ずるのではなく、長い時間をかけ、基礎的な音楽、演劇、舞踊の表現のレッスンを行い、作品の時代的背景、キャストの心理描写等を学び創りあげています。特にこの学習への時間が、卒業後の学びの場として、人間形成に大きな役割を果たし、社会人としての円滑な生活を送る一助となっていると思います。