2010若竹ミュージカル公演プログラムより
Viva若竹ミュージカルPart R
オーケストラの仲間

トランペット 赤沢秀行

いつも練習に行くと必ず目が合い、互いにニコッとする、演者の人がいる。あえて名前は出さないが、いつも決まった人である。向き合えばあいさつももちろんするのだが、大体は練習中のちょっとした合間なので互いの事を見てニコッとするだけだ。それが最近はいつ目が合うかと楽しみである。私はトランペットなので大体は前を向いているから、基本的には演者と目が合うことはない。だから、私が後ろを向き、かつ、その演者の人が私を見ているときでなければニコッとはならないのだ。とてもレアである。これからもたのしみだ。

──────────────────

コントラバス 井上理紗

若竹ミュージカルに参加して、はや5年目になります。様々な演目に取り組む度に、メンバーのミュージカルに対する情熱を感じます。今回の「屋根の上のヴァイオリン弾き」では、昨年の小金井祭公演よりもさらに成長したミュージカルをお見せできると思います。私はいつも公演が終わると感動して、泣いてしまうこともあります。それくらい、演技にはメンバーの想いがつまっています。ミュージカルのメンバーとともに、歌や演技を楽しんでください。皆さんと感動をともにできることを楽しみに、頑張って演奏したいと思います。

──────────────────

『屋根の上のヴァイオリン弾き』と私

ヴァイオリン 猪子秀太郎

中1からオーケストラでヴァイオリンを弾き始めて,はやウン十年。「屋根の上のヴァイオリン弾き」も,遙か昔に弾きました。部分的に,ですけど。

昨年,若竹ミュージカルで久しぶりに「屋根の上」を演奏して,改めてこの音楽の魅力を感じました。なんといっても,随所にちりばめられたアラビア風の音階。ヴァイオリンで弾くには,左手の指を普段よりも余計に拡げなくてはいけないこともあり,演奏は結構難しいです。しかしその音こそが,このミュージカルの「懐かしさ」「悲しさ」「土のにおい」に結びついているのだと思います。

普段の仕事では,つい忘れてしまいそうな「素朴な感情」を,このミュージカルは思い出させてくれます。

──────────────────

オケピットデビュー

チェロ 大串 友博 

今度の若竹公演で、チェロを弾くことになりました。僕は、赤ちゃんのころからずっと若竹の演奏を聴いて、美音と一緒にメロディーを歌ったりしていました。小学校2年生の頃から、若竹で練習している曲の楽譜を追いかけたり、お父さんのコントラバスの譜面をめくったりして、楽譜を見ることが多くなりました。小学校3年生の頃から、実際に楽器を弾きたくなって、チェロを習いはじめました。今年の1月の若竹の練習の時、広井先生に「ちょっと弾いてみて。」と言われて、お稽古の課題曲を弾きました。そうしたら、広井先生に「『屋根の上のヴァイオリン弾き』弾けるところだけ弾いてみたら。」と言われ、びっくりしました。僕は、難しいな、と思いながらも練習で弾いてみました。緊張しました。でも、嬉しい気持ちもいっぱいです。一所懸命がんばります。

そして、舞台にも出ます。昨年の小金井祭の本番で初めて出演しました。最後の別れの場面です。初めての練習は、訳も分からず、舞台に上がりました。上手くできたかどうかも分かりませんでした。それでも、本番のカーテンコールでは、子役の僕たちが出たとき、拍手が大きくなったような気がして、嬉しかったです。今回も、がんばります。よろしくお願いします。

おかげさまで

大串清文(Cb)千代(Vn)

若竹の練習に、ベビーの揺りかごを持参して清文は練習、千代は見学をし始めたのが約10年前。広井先生がおしゃぶりを触る左手をご覧になって、「この子は左利きかな。」とおっしゃり、親よりも先に友博の利き手に気づいてくださいました。私たちは楽器の縁で知り合いましたので、左利きが妙に羨ましくも思えたのでした。左利きは、器用な人が多い、と言いますから。実際、器用かどうかと言いますと、決して器用ではないようですが、兄妹そろって楽器に音楽に興味を持ち、一家で楽しみを通して、時間を共有できるようになりました。

愛車にコントラバス、チェロ、ヴァイオリン(4/4サイズ=大)、ヴァイオリン(1/2サイズ=小)も載せて、若竹の練習に参加するようになりました。今年になって、広井先生にお声をかけていただき、オケピットデビューさせていただくこととなりました。小さい頃から、若竹に連れてきて、何気なく音符を見ていたからでしょうか、どこを弾いているのかは分かっているようです。率先して、CDを聴き、譜面をチェックするようになりました。技術はまだまだですが、貴重な経験をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

──────────────────

『屋根の上のヴァイオリン弾き』と私

フルート 大関智子

 昨年より若竹ミュージカルのお仲間に加えていただいております。舞台の皆さんから、元気とエネルギーを沢山いただき、同じ時間を過ごさせていただいていること、大変嬉しく思います。

「屋根の上のヴァイオリン弾き」の舞台に立たせていただくのは2度目になります。アナテフカ村の人たちがお互いを支えあっている姿を演技される舞台の皆さんを拝見していると、若竹ミュージカルの仲間を大切にする姿と重なる部分が沢山だなぁと感じています。舞台の皆さん、オーケストラの皆さん、スタッフの皆さん、観に来て下さったお客様と一緒に同じ時間を過ごせることに感謝しつつ、舞台を楽しめたらと思います。

──────────────────

オーボエ・イングリッシュホルン 小澤耕平

今回の公演、事情があって思うように練習に参加できず、いろいろと不安がありました。しかし久しぶりに練習に参加してみると、変わらない「屋根の上のバイオリン弾き」の世界観に、ほっと安心させられたのでした。

この作品の世界にヒーローは出てきません。勧善懲悪のストーリーでもありません。アナテフカの人々は伝統を守りながらも、喜びも悲しみも自分たちが決めていることにきちんと気がついています。その世界の中で、僕も頑張らなくちゃと思うのです。

オケの一員として参加しますが、全ての音にその気持ちを込めて演奏したいです。

──────────────────

「『屋根の上のヴァイオリン弾き』と私」

ホルン 工藤久美

私は若竹ミュージカルに入るまで、『屋根の上のヴァイオリン弾き』のストーリーや音楽を全く知りませんでした。

ところが『屋根の上のヴァイオリン弾き』に出会ってから、その音楽やせりふが、いつも家の中にあふれているようになりました。

改めて思い起こすと、家族は毎日、『屋根の上のヴァイオリン弾き』のシーンのどこかを歌い、おどっています。

うれしい時に口ずさむメロディーやダンス、そしてちょっぴりつらいことがあったときは”To Life!”の力みなぎる音楽と言葉に励まされるのです。

日々の小さな喜びや悲しみとともに家族がいて、音楽があって、『屋根の上のヴァイオリン弾き』を愛し、守ってきた仲間たちと集える場がある・・・そんな幸せを思いながら今日の演奏を楽しみ、お客様に『屋根の上のヴァイオリン弾き』の素晴らしさをお伝えすることができたらうれしく思います。

──────────────────

フルート 佐藤玲子

私が全幕公演に参加するのは、『サウンド・オブ・ミュージック』に続いて『屋根の上のバイオリン弾き』が2作品目になります。全幕公演をすると、作品の持ち味や登場人物たちの想いが、自分の中でぐんと深まって、とてもよい経験になると感じています。私は『屋根の上のバイオリン弾き』の中で、貧しくても家族が支えあって暮らし、伝統を守りながらも愛する娘たちを想い、新しい時代を受け入れていくテヴィエの姿がとても好きです。離れて暮らす父親のこと、父親のなんとなく不器用な愛情を思い出して、胸がジーンとするのです。みなさんは、どんな思いでこの作品を見てくださるのでしょうか?とても楽しみに、演奏したいと思います。

──────────────────

ファゴット 佐藤寛治

若竹に私をお誘いしていただいたのが当時、L.V.B.室内管弦楽団でコンサートマスターをされていた雲井さんでした。

雲井さんは今は鹿児島の方に行かれて今はいらっしゃいませんがこれがご縁で静岡公演の時から出させていただいております。

屋根の上のバイオリン弾きを皆様と何度かご一緒させていただきましたが今回も気持ちを新たに皆様と一緒に頑張って行きたいと思います。

──────────────────

チェロ  島田栄子

「屋根の上のヴァイオリン弾き」を初めてやってからもう何年経つのでしょうか。

初めて内容を知った時は、とても重いテーマで難しい演目だな、と思ったものです。

今でも難しいことには変わりないのですが、回を重ねるごとに若竹ミュージカルが進化しているのを感じます。全編通して描かれるユダヤの人々の苦悩や毎日の楽しい生活がより観客の皆さんに伝わるようになっていませんか?また、曲目も毎回少しずつ増え、新しいチャレンジも続いています。

何回足を運んでいただいても退屈しない若竹ミュージカルでいられるよう、今後とも精進していきたいと思います。全幕公演、お楽しみください。

──────────────────

「『屋根の上のバイオリン弾き』と私」

ヴァイオリン 谷口晶子

『屋根の上のバイオリン弾き』を初めて見た時は、こんな難しいお話を本当にできるのだろうかと思いました。しかし、ついに全幕公演です。練習を重ねるごとに、どんどん上手になる舞台の方々。その裏には、練習日までの見えない努力があることに気づかされました。そして、いつからか自分も音楽でしっかり支えていきたい…そんな気持ちを持つようになりました。舞台の方々の歌に元気づけられているのは、お客さんだけではないんですね。私たちオーケストラの思いも乗せて、素敵な公演にしていきたいと思います。

──────────────────

アコーディオンとの出会い

トロンボーン・アコーディオン 谷口良二

トロンボーン奏者として、この若竹ミュージカルオーケストラに所属している私が、何故アコーディオンを演奏しているのかと言いますと、ある意見交換の場での私の発言がきっかけでした。「『屋根の上のバイオリン弾き』は、アコーディオンパートもあります。」…ここで終わっていれば、何も問題はなかったのですが…「やられる方がいないなら、私がやってみたいです。」…先に楽譜を見てから発言すればよかったです。とはいえ、興味のある楽器だっただけに、今では月に1回以上レッスンに通う日々です。そのレッスンの先生は、舞台のメンバーに紹介していただきました。何がきっかけで自分の技能や人間関係の幅が広がるか分かりません。音楽最高!

──────────────────

ミュージカルと僕

トランペット 戸田泰幸

若竹ミュージカルには尚ちゃんと母と僕の三人が参加しています。僕のミュージカルの公演参加は今回で二回目になりますが、オーケストラとの合同練習の度に、皆の演技や役者のハマりっぷりに驚かされてばかりです。最近では兄弟や家族で協力して何かするというのはとても貴重な機会で、練習に参加する日は僕や母になんとか良い所を見せようときりっとした表情になります。尚ちゃんはミュージカルの練習の日の朝になると、「やすゆきくん、今日はよろしくお願いします」練習が終わると「今日はありがとうございます」と、とてもうれしそうに言ってくれる。それが気恥ずかしくともなんだかうれしい。

──────────────────

クラリネット 鳴瀬潤・絵理・蓮花

娘の蓮花、4歳になりました。オケピットの中に彼女の席が当たり前のように用意されていることに感謝です。そんな彼女の今回の仕事は「帽子係」。私が結婚式の場面で着用する帽子。練習中に私がずっとかぶっていると、「ママ、帽子はまだかぶらないんだよ」と取り上げられてしまいました。曲の間もずっとステージを見ながら帽子をしっかり握っています。そして、”Wedding Dance”が始まると、私にそっと帽子をかぶせてくれました。私が帽子をかぶる場面を覚えていたのですね。本番はステージの上でソロを吹きます。

娘のかぶせてもらった帽子に勇気をもらってがんばろうと思います。

──────────────────

ヴァイオリン 平野知佳子

従兄弟が家族ぐるみで参加しており、前々から、伯母のそれはもう怖いくらい熱烈な(笑)勧誘を受けておりました。実は、若竹には数年前の演目だったサウンドオブミュージックで参加したことがありましたが、それ以来、大学の方が忙しくなったため離れていました。という訳で今回の屋根の上のバイオリン弾きに乗るのは初めてです。屋根の上のバイオリン弾きはDVDで見たこともあり、登場人物や音楽とは少し馴染みがありました。私はユダヤ人とは恐らく出会ったことはないので、屋根の上のバイオリン弾きを理解しきれていないかもしれませんが、深いテーマを持って演じる若竹の皆の力添えに少しでもなれるような演奏を心掛けたいです。

──────────────────

ビオラ 水本肇

一昨年の学芸大学の小金井祭で、若竹ミュージカルに初めて参加させていいただきました。今回の公演で2度目の参加ですが、再び広井先生とオーケストラの皆さん、そして特別支援学校の卒業生の皆さんと共演することができて幸せに思います。

ミュージカルの伴奏としてオーケストラに乗ることはとても楽しいですが、難しさもあると感じています。歌とオーケストラが一つになるためにも、お互いの音を良く聴いて、指揮者の広井先生をよく見て、演奏をすることができれば良いなと思います。

まだまだ未熟な私ですが、少しでも良い演奏会になるよう、また自分自身も楽しめるよう、精一杯ビオラを弾きたいと思います。

──────────────────

ヴァイオリン 森永 佳代

「To Life(人生に乾杯)」この演目の中で、私が好きな曲の一つです。

♪この世の中泣き笑いさ

♪どんなときにも陽気に騒いで愉快にやろう

楽しいとき、辛いとき、どんなときも一緒に騒げる仲間がいるって本当に素敵なことだと思います。若竹ミュージカルは、そんな仲間の集まりだから居心地がいいのでしょうね。

公演を見に来て下さった皆様にも私たちの思いが伝わればいいな、そしてみんなでこの時間を楽しむことができればいいな、と思っています。

──────────────────

チェロ 鷲頭まり子

「屋根の上〜」に出会ったのは7年前、お客さんとして。かつてない感動を覚え、かつ、チェロ弾きだった自分の血がドーっと体を駆け巡り、翌年からちゃっかりオケピットに収まる。5年前(?)全幕演奏した時はもう、ついていくだけで精一杯。それでも背中に伝わる舞台の熱気にまた違った感動を覚えました。その後も舞台の方々や裏方、オケの方々のご苦労やミュージカルに対する深い思い、お互いに支えあう姿を見ながら迎えた今回の公演はより感慨深いものがあります。ここに自分がいられる幸せをかみしめながら演奏したいと思います。ただひとつ残念なのは舞台が見えないこと。ああ、怖い怖いフルマセーラを観たい!!