2010若竹ミュージカル公演プログラムより
Viva若竹ミュージカルPart R
卒業生と保護者

「屋根の上のヴァイオリン弾き」に魅せられて

13 回卒 津田愛子、淳子

有名な俳優「森繁久彌」さんの演ずる「屋根の上のヴァイオリン弾き」に「魅せられて、すばらしいなあー」と思ってきました。その屋根の上のヴァイオリン弾きを、若竹ミュージカルで演ずることになり、うれしいやら、不安な気持で一杯でした。若竹ミュージカルのメンバーと一緒に長い間練習を重ねてきました。

私ども親子は、いつまでも、つたないものですが、若竹のメンバーと一緒に公演に出していただける事は、何よりのよろこびです。

ご支援いただいている皆々様に感謝申し上げております。

──────────────────

18 回卒 坪上礼子

ウエディングドレスが長いし、かかとの高い靴ははいたことがないので、歩くときつまずかないようにするのが大変です。でも花嫁さんになれてうれしかったです。本番をがんばります。

坪上礼子

今回も配役が変わりました。発表された時は何も感じませんでしたが、練習を見たとたんはっきり分かりました。出演者によって、舞台の雰囲気も、周囲の人達の動きも、せりふの声まで、こんなに違うのかということ。今まで何をぼんやり見ていたのでしょう。“あっ”と思い胸までドキドキしました。もう一つ嘗ては“自分の子どもを”“自分の子どもこそ”の空気がないとは言えない場面もありました。しかし今は、何としてでも、皆でよい作品を作り上げたい、作り上げようとの温かい空気が一杯です。私は支援しているつもりでしたが、一緒に学習し成長させて頂きました。この公演で娘は花嫁衣装を着せて頂きます。頭の先から足の先まで、白一色に包まれて花婿と立っている姿をみますと、眩しくて少し悲しい。つい感傷的になってしまいます。沢山の方の応援を受けて、卒業生はそれぞれの仕事を続けながら、熱心に練習してまいりました。この公演が、皆様に何かをお伝えでき、少しでも響くものがありますよう、心から念じております。ご来場ありがとうございました。

──────────────────

「屋根の上のヴァイオリン弾き」と私

21 回卒 植田久

私はラザール。テヴィエの友人、キザ男。おくさんに逃げられて一人ぼっちです。テビエの娘、ツァイテルを好きになる。

 新潟、山梨、静岡と遠征公演した中、静岡公演時、肺炎をこじらせて入院するハプニング、今、ふり返っても恐ろしい想い出です。点滴を受け乍らの出演でした。僕の一生の中で、凄い想い出ですが、二度とこの様なことが起こらないように・・・・・。僕はラザールの役が好きです。大好きです。心をこめて、たのしく演じたいと思います。

植田千代子

ラザールに想いふくらませ、本人なりに工夫あり?二度目のこの舞台、私も主人の体調に併せ大したお手伝いらしいことも出来ず申し訳なく思っていますが・・・・・。

職場も会社自体の移動の中、休日条件も変ることなく、従来通り、安心して練習に参加出来、スタート時に比べ恵まれた条件を頂け喜んで居ります。数々の演目で、いろんな役を頂いて楽しませてもらっているミュージカル、やはりこの演目では、本人ともども忘れることの出来ない静岡公演時の入院事でしょう!!健康あってこその両立です。毎日無理なく快適に過ごせるよう、バランスよく暮らして欲しいと願っています。

──────────────────

25回卒 小林竜一

小林美沙子

今回の役はロシア兵で踊りがメインです。

4拍子が取れなくて、手で理解していてもなかなか足に伝わりません。3歳半でやっと立てて、さあ歩くか?と思ったら足が前に出なくて両親が左右の手を持ち上げ、一歩一歩足を前に出す動きを教え歩けるようになった事を思い出しながら、40歳の今、1.2.3、トン、1.2.3、トンと毎日毎日練習しています。まだ出来るかどうかもわかりません。本番までに出来ますように・・・。これが今回の母子の夢、楽しみです。5月2日までに成功しますように・・・・。

──────────────────

二度目の公演

25 回卒 田口雅之

ぼくは、ナフムをやります。大きなこえでセリフをいえるように、がんばります。

田口みどり

二度目の『屋根の上のヴァイオリン弾き』の公演となりますが、一度目の静岡公演は六年前でした。写真を見ると、やはり皆、若かったなあと、その当時の事がいろいろ想い出されます。

それでも気持ちは当時のまま。一生懸命練習に励むメンバーの姿を見ていますと、いつまでも若々しく元気にミュージカルに取り組んでほしいと望んでいます。それが若さへの秘けつかもしれませんから。

──────────────────

25 回卒 木村智子

3月初め急にホーデル役になりました。セリフも歌も難しく本番まで練習日も少ないのでとっても心配でした。でも先生達が一生懸命教えて下さったので頑張らなければと思っています。今回は5年前の時よりも面白くなりそうなのでみんなに喜んでもらえそうで楽しみです。

木村希代子

森繁久弥の演じる主人公テヴィエの女房役ゴールデは、元宝塚男役トップスターの淀かおるさんでした。3歳の頃から山口薫先生の研究室で個人指導を受けていた智子はある時期、淀かおるさんのお嬢さんと二人だった時があり勉強のあと駅まで何度かご一緒し、それがきっかけでこのミュージカルを観に行きました。「サンライズ・サンセット」を聴くと娘の不安で、辛かった当時のことが懐かしく思い出されます。「屋根の上の〜」は1986年まで帝劇で900回上演され、初演は1967年9月6日!なんと私の30歳の誕生日の日だったのです(智子はお腹にいたことになります)。初日はニューヨークから現地の主演者、

作詞家も顔を見せる賑やかな幕開けとなったそうです。文化勲章をはじめ数々の栄誉に輝いていた森繁久弥さんは、この芝居は“やればやるほど哀しくなる”と漏らされたとか。それ程の重みのある芝居を我々子ども達が演ずることになろうとは・・恐れ多いことです。森繁久弥に日毎に近づいてきた伊藤君、特に大野さんは淀かおるさんにあまりにもそっくりで、いつのまにか重ねてみています。

──────────────────

『屋根の上のヴァイオリン弾き』と私

25 回卒 近藤さと子

昨年10月、日生劇場の『屋根の上のヴァイオリン弾き』を見に行きました。歌もセリフも私たちと同じでした。とても楽しくておもしろかったです。私もお客さんが楽しかった!と言って下さるようにがんばります。

近藤和子

最初はこんな難しいのが演じられるのかしらと思っていました。でも歌の練習から始まり、台本が出来て、役を決めるオーディションがあり、それぞれのセリフの練習、長い歌もセリフもおぼえて、広井先生のきびしいご指導にも一生懸命な姿には感心しました。11月の小金井祭の時は本当に素晴らしかったです。カメラを構えながらうっかり見とれてしまうこともありました。『サウンド・オブ・ミュージック』と同じように『屋根の上のヴァイオリン弾き』は若竹ミュージカルの代表作になるでしょう。

──────────────────

「屋根の上のヴァイオリン弾き」と私

27回卒  上田 徹

 「屋根の上のヴァイオリン弾き」と、なかなか言えません。むつかしい題目です。舞台ではボトルダンスを少しでもかっこうよく踊りたいです。がんばります。

上田 恭子

 2004年3月、「屋根の上のヴァイオリン弾き」静岡公演終了後ご年配のお客様から、「難しい演題のミュージカルを皆さん頑張って演じられ、とても良かったですよ」と、声を掛けて頂いたことを思い出します。その後、内容が充実化され、場面も増え、上演を重ねる度に、若竹ミュージカル一同の「自分らしさの表現」に向けての熱い思いがお客様の心に伝わり、感動して頂けることを願っています。

──────────────────

ミュージカル大好き

27 回卒 小野寺邦江

若竹ミュージカルに入って17年になります。『サウンド・オブ・ミュージック、ウエストサイドストーリー、屋根の上のヴァイオリン弾き』をしました。私は歌が大好きなのでいつもお母さんと一緒に家でも歌っています。私が病気の時お母さんは「いつもおんぶしてた、かわいい小さな子」を歌って泣いていました。私が元気でミュージカルに行けるのが一番嬉しいといいます。これからもミュージカルをお友達や先生と頑張りたいと思います。お客様が沢山見に来てくださると嬉しいです。先生、オーケストラのお兄さんお姉さん舞台に一緒に出て下さるお姉さん、いつもありがとうございます。これからもおねがいいたします。私はセリフを大きな声で間違えないようにします。

ミュージカルに癒されて

小野寺惠江

若竹ミュージカルにお世話になり17年目になります。この間には色々な事がありました。今度の公演は無事に参加出来るかしら?いつも不安が頭から離れません。何故そんな思いまでして?と思われるかも知れませんが私達親子には心が安らぐ唯一の場なのです。何かストレスがあっても自分で解消することは難しい子ですので話すことも何も出来なくなります、そんな時は忍耐強く待つしかありません。親子で舞台に立つことなど夢にも思っていなかった事ですが長いこと続けてこられたのも先生方お母様方のご理解を頂き温かく見守って下さるお陰です。今日もこの感謝の気持ちを忘れずに舞台に立たせて頂きます。皆んなで作りあげてゆく喜び感動が伝えられたら嬉しいです。

──────────────────

ミュージカルと由里そして私   

 近藤由紀子

 「いつもおんぶしてたかわいい小さな子」この歌を聴くと、特別な思いがあふれます。

まだ何処かにいるようで、小さな村人姿の由里を探している自分にハッとしています。

 ミュージカルの創立当初から亡くなるまでの15年間を共に楽しみながら活動してきた私は、由里がいなくなってもミュージカルをやめる事は出来ませんでした。由里がいてくれたから今の私がある、そんな思いで毎日を過ごしています。卒業生は優しく聞いてくれます。「由里ちゃん、今どこで何しているんだろうね」私は答えます。「きっと皆と一緒に歌ったり踊ったりしていると思うわ」と。今日もきっとね!

──────────────────

公演を観て下さい

27 回卒 鈴木真奈

私は、今回、村人マリリンの役をします。セリフが沢山あって、とても嬉しいです。うまく、じょうずにできることをいのってがんばります。

公演を迎えて

鈴木文雄

アナテフカ村の住人を演じ続けて早や8年目となりました。いよいよ集大成版といえる最終版を皆様にお見せ出来ることを嬉しく思います。前回、2005年5月にこのホールで全幕公演をご披露してから、5年の歳月が流れました。その間、私たちは演技に磨きを掛けて参りました。内容も盛り沢山になりました。どうか、私たちの練習の成果をご覧下さい。一生懸命に演じたいと思います。 

──────────────────

「お母さんと一緒に村人がんばります」

27 回卒 盛生正子

☆私は、ミュージカルが大すきです。

☆今度は作業所の近くの舞台でうれしいです。

 みんなもたくさん来てくれます。

☆お母さんと一緒に出られてうれしいです。

☆大きい声で言えるようにがんばります。

「一歩、一歩可能性を信じて」

盛生桂子

出会いとは人生をもかえる事ができる。このミュージカルに出会えて17年、楽しい事、苦しい事、悲しい事、予期せぬ事もたくさんあった。そして昨年一年間闘病生活を送り車椅子生活となってしまった。入院中思うのは、ミュージカルの事ばかり、夢にもよくでてきた。この五月の公演には何としても出演したい、アナテフカ村にもきっと足の悪い人もいたであろう。苦しいリハビリ訓練に臨んだ結果、杖で歩けるまでになった。願えば必ずかなうと確信を得た。娘の正子はかつて言語障害児であった。始めての公演では一言を言うのに中々言えなかった。本番で言えた時の感動は一生忘れません。今では、歌って踊ってダンスもできるようになってきた。あきらめず可能性を信じてがんばってきた事、継続は力なりです。このミュージカルそしてその仲間達に出会えて本当によかった「ありがとう」すべてに感謝です。私はもう一つ大きな手術が残っている。でも大丈夫、仲間達がいるからがんばれるから。次回公演では杖無しで出演できるようにがんばる。一度しかない人生一日一日を大切に、輝いて生きて行きたい。親子共演できる幸せをかみしめながら!!

──────────────────

牛乳屋テヴィエと荷車

30 回卒 伊藤公一

僕は去年の夏、みなかみ町大穴に一宏さんのトラックでお母さんの友達がさがしてくれた大八車をかりにいきました。お母さんも妹の車でした。特急「とき」の運転手さんだったわかたび(若旅)さんが集めた昔の消防車や電車のかんばん、ふみきりのカンカンがあるところに、北海道の開拓で見つけてきた大八車が並んでいました。若旅さんが「僕たちのブロードウェイ」を読んで感動したからといってゆずってくれました。お母さんは泣きました。僕も涙がでました。馬の「ていてつ」をもらいました。僕は寒い北海道で仕事をした大八車がアナテフカ村にやってきたのが感動です。僕はがんばらなきゃ!と心に決めました。

ユダヤと日本の仲人ばあさん

伊藤 敬子

ユダヤ人の社会では仲人は「神の仕事」をなす人と名誉な立場の人です。「私達の仲間がもっともっと増えるように手を貸すよ」と言って聖地に旅立つイエンテ婆さんでしたが、今、少子化が問題になり、離婚率が増え、結婚しない若者がいる日本の現状を見た時、かつての日本にも情報通で世話好きな仲人婆さんの存在が有ったのを懐かしく思います。縁あって結ばれた夫婦は「お返しに」二組の仲人をするものだといわれ、私達夫婦も二組の幸せカップルのキューピット役をしました。「つりあい」を大事に、結婚後、問題発生時には解決の手助けする、そんな仲人の存在は、時代を越えて大事な存在ではないかと考えさせられる只今です。

──────────────────

かっこいいダンスを!

30 回卒 清野 友規

 1,2,3、ポン!1,2,3、ポン!とロシア人のダンスのステップの練習を家でも一生懸命しました。大好きな赤い衣装を着て、楽しく、かっこよく踊れるよう頑張ります。皆さんみて下さい。

想い出を胸に

清野 三千子

アナテフカ村の人々が住み慣れた村を追われ旅立つフィナーレの場面を演じる時、私はいつも、想い出すことがあります。

昭和19年から20年、戦争で東京の空襲も激しくなった頃、私が住んでいた東京近郊の町に、最小限の身の回りの物を持って、沢山の人達が親戚や知人を頼って疎開してきました。住み慣れた場所を離れ戦渦から逃れて避難してきた人達の気持ちは、きっとアナテフカの村人達と同じだったでしょう。20年に終戦を迎えた時、私は小学校4年生でしたが、教室一杯に増えた、友達も少しずつ又、色々なところに移って行きました。それから、20数年後の同窓会に出席した時の事です。1人の男性が私にご挨拶下さったのですが、全く何方か判らず、差し出された名刺の名前を見てハットしました。満足な食べ物もなかった小学校時代、朝礼の時、小さな身体で擦り切れた半ズボンの下から出た細い足は真っ赤になり、「寒いよー」と震えて泣いていた、あの子だったのです。私は感激し「お元気で良かった」というのが精一杯でした。激動の時代を生き抜いて、立派になった友人達、皆輝いていました。本日の舞台もその想い出を胸にアナテフカの村人がずっと逞しく生きる事を願いつつ演じます。

──────────────────

別れ

31 回卒 相磯岳史

お気に入りのヴァイオリン弾きも5月公演で最後になる。とても淋しい!そしてぼくは悲しい。十八番のヴァイオリン(まねごと)と別れになるから・・・・。

練習の時は出番が少ないからいつもピアノの陰にひっそり待っている。そこがぼくの最高の居場所です。舞台の上では別人のように自分をアピールするためハッスル!!お客様が自分だけに集中して貰いたい気持ちがあるから頑張ってしまうの?・・・。今までヴァイオリンにお世話になったからお礼を!!楽しい思い出になりました。本当にありがとうございました。

喜び

相磯君絵

舞台で仲間と一緒に公演すること。一人一人の人間に垣根は無いのに、民族という垣根に差別を生む、そんな苦しみ悲しみと斗いながら生きる人々を、その人間になって演じることがむずかしく、又それを理解して演じるからこそ観客に感動を与えられると思います。『屋根の上のヴァイオリン弾き』も5月公演で最後と思うととても淋しい気持ちでいっぱい!!練習場面では演出家達のなごやかな指導で役者たちはそれぞれの個性を出して演技する。何度もやりなおしをされても、へこたれず頑張って役になりきる姿はすばらしい。その積み重ねが自信になり公演を成功する力ですね。その時の喜びを知っているから頑張れる。今後は次の作品に向かって一緒に走りましょう。

──────────────────

31 回卒 小島諭

アナテフカの村人は、歌っておどるのが大好きです。結婚式で、僕はビンを落とさないように帽子の上にのせておどります。ロシア人に「出て行け!」と言われるとぼくは悲しいです。アナテフカの村人は新しいところに行って、また楽しく歌っておどってお祈りをします。おしばいが上手にできるように、僕は仕事から帰ってからセリフや歌やダンスの練習をしています。

『屋根の上のヴァイオリン弾き』と私

小島訓子

この演目にも素敵な歌がたくさんある。我が子を含めた卒業生は「♪人生に乾杯」が大好きです。私も元気よく「かんぱ〜〜〜い」と叫びます。「♪陽はのぼりまたしずむ」いつ歌っても胸がじ〜んとしてくる。曲の中で響く鐘の音は、人生には3回鐘の音を響かせるということを表しているそうだ。そういった人間の普遍の営みになんだか心を打たれるのである。「♪アナテフカ」で、村人は新しい土地に友を求めて希望を持って旅立って行った。アナテフカの人達が求めた「いつもそこにある幸せ」を若竹ミュージカルは持っている。「いつもそこにある」と言う事が私たちの気持ちをどんなに安定させているか・・・・。今回の『屋根の上のヴァイオリン弾き』はこんな思いをもって演じます。

──────────────────

家庭教師のパーチック

31 回卒 坂井智明

古いしきたりを破る役です。新しいアナテフカ村ができると思います。子ども達に勉強を教えます。ホーデルとおどる所が大好きです。パーチックの役を頑張ります。



『屋根の上のヴァイオリン弾き』と私

坂井照子

今公演で私に名前がつきました。テルーシャです。おしゃべり好きの気の良いおばさん役を楽しく演じてます。今回から夢のシーンが加わり、肉屋の死んだ女房のフルマセーラが登場します。衣装作りにあたり、恐い中にも夢の中のフワフワとした雰囲気を想像しながら布を選び製作しました。演じるだけではなく、衣装、小道具作りなど楽しく参加しています。

──────────────────

猛練習しています

31 回卒 藤江真二郎

五月までに猛練習をします。「しきたり」の歌はむつかしいけれどあわせようとおもいます。ボトルダンスはしっぱいしたらだめなので、もっとあわせるように練習します。アンコールには「ひはのぼり、またしずむ」をいっしょに歌いましょう。

守るべきもの

藤江もと子

《屋根の上のヴァイオリン弾き》を取り上げると知ったとき、私はその内臓するテーマが重すぎるなあと、あまり気乗りしませんでした。

天地創造から始まるユダヤの長い歴史、神から選ばれたものとしてのユダヤ人の誇り、それなのに自分達の国土を持たぬ口惜しさ、それ故に頑なに守る「しきたり」。彼らの「しきたり」には重苦しいものがぎっしりと詰まっています。

テビエ達アナテフカ村の人々が守ってきたその大事な「しきたり」が、娘たちの結婚でガラガラと崩れてゆく、ロシア人との棲み分けのバランスも崩れて村を追われて行く。こんな物語を私たちが演じられるのだろうか、と悩みました。

しかし、たとえ時代が変わり「しきたり」が崩れて行こうとも、彼らが守り続けるも のは何か。それは神への愛、親子の愛、夫婦の愛、恋人たちの愛、村人たちが互いによせあう愛。

私たち若竹ミュージカルの《屋根の上のヴァイオリン弾き》”愛の物語”をどうぞごゆっくりご覧下さい。

──────────────────

『屋根の上のヴァイオリン弾き』と私

31 回卒 小林美保

今日はビルケの役をしますが、今まで村人役もやってきました。練習は毎月2回ありますが、休んだことはありません。となりのおじいちゃんとおばあちゃんがえらいとほめます。公演をみてほしいですが、いつも遠いところなので来られません。これからも長く続けられるよう頑張ります。

小林春江

『屋根の上のヴァイオリン弾き』この演目に切り替わった頃でしたが、特別な思い出があります。娘の仕事が会社から作業所に変わる失業中の時期がありました。精神も不安定になっていました。この時励まされ支えられて来たのがミュージカルの仲間や先生でした。この時、私も一緒に練習に参加させて頂いていました。衣装も二人分作り、芸術館の舞台を初めて(最初で最後)踏んだことです。コンサートの時でしたので皆一緒に歌いましたが、なのに緊張しましたね。振り返ると夢中で過ぎて来たのが楽しかったです。とても良い経験をさせて頂いたことを感謝するとともに毎回、舞台で活躍なさっているメンバーのパワーは凄いと思います。最近の公演は客席で観られないことがとても残念です。娘は現在、作業所で人の世話を焼きながら元気に働いております。

──────────────────

『屋根の上のヴァイオリン弾き』と私

31 回卒 谷山いづみ

私は村人の役をやります。「居酒屋」「結婚式」の場面が大好きです。村人みんなで踊るのが楽しいです。セリフを間違えないように頑張ります。

谷山洋子

私は村人のお母さん役で出演しています。今までも娘と一緒に舞台に出ていましたが、『屋根の上のヴァイオリン弾き』で初めて同じ役になり、同じ場面に出ていると改めて娘と一緒に舞台に出られる幸せを感じています。初演から回を重ね、歳も取りましたが、みんな少しずつですが進歩しています。今回もアナテフカ村の住人になりきって、生き生きと個性的な演技をしています。こんな難しいテーマの『屋根の上のヴァイオリン弾き』をここまで表現出来るようになったのは、広井先生を始めとして諸先生方の厳しい中にも個性を大切にして、根気よく指導して頂いたお陰と日頃から感謝しております。

──────────────────

32 回卒 栗山和宏

僕は、今回の公演での役は、ロシア人のフョートカ役です。全員頑張って練習しています。本番にはみなさんに拍手してもらいたいです。僕は歌とセリフが少ないのでちょっとらくちんですが頑張ります。

栗山和枝

息子は若竹ミュージカルの仲間として、人に何を伝えられ、息子は関係者の方々に支えられ、ミュージカルの記憶を共有させて頂いた事は一生の宝です。皆さんには感謝しています。私は体調が悪く、今ではミュージカル公演を楽しみに待っているファンの独りとして、今後も見守っていきたいです。

──────────────────

32 回卒 小林憲治

2度目の『モールチャ』役

『モールチャ』がんばります。

小林幸子

本人の大好きな役『モールチャ』ですが前回と違い台詞が多く、本人の能力をはるかに超えて憶えるのに苦労しています。親の方がドキドキです。

──────────────────

チャバになって

32 回卒 河西美保子

こんど私はチャバになります。

うれしいチャバ、たのしいチャバ、悲しいチャバになれるようにいっしょうけんめいやります。

うたとダンスもがんばります。けっこんしきや、ツァイテル・ホーデルと三人でおどるとき上手にしたいです。

全幕再演にチャレンジ

河西正子

今年バンクーバー冬季オリンピックではたくさんの活躍がありました。特に、過酷な場面に果敢に立ち向かうパラリンピックの選手の皆さんの姿にとても勇気づけられました。それは私たちの思いと重なってみえました。

「屋根の上のヴァイオリン弾き」この難しい演目の新しい場面を含めた全幕再演は当然レベルアップが求められます。しかし、テヴィエや村人達の喜び悲しみ苦しみをどれだけ深く感じ表現できるか、気持ちを込めてしかも上手にうたえるか、流れは頭に入るかなどなど私は不安でした。何回やっても一向に覚えられずやっと覚えても次の練習日には忘れる有様でした。

ところが卒業生のみんなは本当に一生懸命取り組んでいました。注意されても何度も何度もくり返させられてもへこたれません。登場人物の心を感じ場面を考え表現しようと努力している姿をみて、私もがんばらねばと励まされました。

全員の心をひとつにして挑戦した今日の「屋根の上のヴァイオリン弾き」はどんな舞台になるでしょうか。“あきらめないでチャレンジする”これからもこの気持ちで前に進んでいきたいと思います。 

──────────────────

『屋根の上のヴァイオリン弾き』とミュージカル

34 回卒 鈴樹裕一・勝子

ミュージカル『屋根の上のヴァイオリン弾き』になってからいろんな役をやりました。こんどは巡査部長をやります。セリフもあるので大変ですが、役になりきってやります。家でも時々練習をしますが、発音が悪いと怒られます。ヘタクソと言われます。僕はミュージカルが大好きなので何を言われてもやめません。またがんばってやります。

──────────────────

35 回卒 春日喜代志・三枝子

 前回(5年前)武蔵野市民会館での公演の時は、ロシア人の役でした。今回は村人とボトルダンサーズをします。せりふをきちんと言い、ダンスのステップをまちがえずに、演じたいと思います。

──────────────────

私とミュージカル

35 回卒 白川優子

ミュージカルたのしいです。

白川博子

人生とは何ぞや。などとむずかしいことを考えたり、私の人生、彼女の人生、これで良いと言う答えはありません。いろいろな人との係わりの中で、刺激を得て、支えられたり、少しお手伝いしたり、そういう意味で、若竹ミュージカルは私のライフワークの一部です。

──────────────────

『屋根の上のヴァイオリン弾き』と私

36 回卒 行友宏文

武蔵野市民文化会館で、『屋根の上のヴァイオリン弾き』頑張ります。

行友喜代子

五年前の五月、まだ宏文が若竹ミュージカルに入れて戴く前でしたが、武蔵野市民文化会館大ホールで行われました東京公演に、宏文と二人で行かせて戴きました。

その時の演目が『屋根の上のヴァイオリン弾き』でした。大きな会場がいっぱいになり、舞台と会場が一体になっているのを感じ、感動したものでした。

その市民文化会館に、この度は、宏文が演じる側として、出させて戴きます。その当時は思ってもいなかってことです。

今では、若竹ミュージカルは、宏文の生活に大きな張りを持たせてくれています。親として、そのことが嬉しく、係わって下さっている方々に、心より感謝申し上げます。

──────────────────

仕立て屋モーテルとの出会い

39 回卒 戸田尚幸

私がモーテルと出会ったのはハイライト版の時に「やってみないか」と言ってもらったのをきっかけにオーデションに挑戦して、モーテルの役に出会いました。私は、モーテルとして、ツァイテルとの恋愛とラザールとの三角関係はかなり難しいけれど挑戦します。歌も難しいけれどオーケストラの皆さんにも助けて頂きました。ありがとうございます。

物語に学ぶ“人生”

戸田玲子

いよいよ2度目の全幕公演。ドキドキしながら息子はモーテル、私はツァイテル婆さんを演じます。わが家の3人の息子も年頃(?) 結婚、恋愛、しきたり、子どもを旅立たせる親の気持ちも身に沁みます。親子で役にはまりこんで演じたいと思います。

──────────────────

2回目の公演について

39 回卒 佐藤佳代

私は、ミュージカルが大好きです。

今までいろんな役に挑戦しました。静岡では『屋根の上のヴァイオリン弾き』全幕公演をしました。また長崎では『サウンド・オブ・ミュージック』をやりました。今回はまた『屋根の上のヴァイオリン弾き』を公演します。

今回は前回よりパワーアップしました。私は、仲人ばあさんのイエンテ役になりました。ピアノの伴奏に気にとられることなく、ひとつずつゆっくりとセリフが言えるように頑張ります。自分の役の所だけではなく、他の人のセリフや踊りなども覚えていきます。5月の公演も精一杯力を出し切って成功させたいです。

ミュージカルに参加して10年目

佐藤順子

早くも、ミュージカルに参加してから10年目になりました。これも先生方、支援者の方、保護者の方たちのお陰だと感謝しております。参加してから初めの頃は皆に逢えることが楽しみとして、家で台本を見ることもなく練習をする様子も見られませんでした。ところが最近になってから、自分なりにインデックスを付けたり、ラインマーカーで線を引いたりと様子が変わってきました。そして、私とセリフを言いながら練習をするようになりました。ミュージカルに対する姿勢が10年目にして変化し、成長を感じます。今年は小学校入学前の通園施設でご一緒させていただいた方も見に来て下さいます。

本番では閊えることなく大きな声で発表できるよう、はらはらどきどきしながら楽しみにしております。

──────────────────

「屋根の上のヴァイオリン弾き」今公演の目標は?

39 回卒 清水志保子・美恵子

 7年前に入団して初めての演目は屋根の上のヴァイオリン弾きでした。今回、私達親子には2回目の取り組みになります。一回目に比べて志保子はダンスもセリフもステップアップしていました。娘なりの上達です。母親の私はと言いますと、コーラスのち密さ(繊細さ?)に欠けてしまっているような気がしてなりません。再演という落とし穴にはまってしまいそうな変な怖さがあります。この原稿からあとひと月、楽譜を再度見ながら出だしや音程、そして歌詞を確認して練習しようと思います。何を今頃、と言われそうですが、この先何年後かに「屋根上・・」が再演されるかわかりません。もしかしたらこれが最後になるかも知れません。そう思いましたら、精一杯練習して臨みたいなと思いました。昨今のアスリートたちが試合前のインタービューで「自分が納得できるプレーをしたいです」と答えていますね。決めました。娘と二人、衣装等しっかり準備し、練習してきた成果をしっかり出せるように気持ちを集中し、カーテンコールで心から笑顔でごあいさつができるといいなと思います。あたり前になりましたがこれが二人の目標です。

──────────────────

41 回卒 長田翔平(母)

所属7年・・・舞台を踏むたびに、本人のさまざまな側面が見えてくる。今回の公演に向けての心意気は、とにかく「練習には参加!」のようだ。皆で作り上げてく空気を五感を働かせ読んでいるようにも見える。持ち味が・・・らしく活かせ、会場が一つになる不思議ワールドがまた、はじまる。

──────────────────

45 回卒 戸谷さほ

パンづくりでがんばります。ミュージカルもがんばります。シュプリンツェをがんばります。

若竹ミュージカルと私

戸谷好秀

大変です、ミュージカルは。成人した子供と共に毎月二回、ミュージカルの練習に参加するようになってから、二年経ちます。剛毅木訥・・・・をモットーに思ってきた自分が、正反対のミュージカルの舞台に立つ。やや疲れの見える中年にとっては、未知との遭遇ばかりです。音程は怪しい。息は続かない。もっとも苦手なのは、ダンスシーン。ダンスなんて、柄ではありません。足がもつれて、もつれて。この間、仕事帰りの夜道、わずか24文字のセリフを練習しながら歩いていて、交番のおまわりさんに不審の眼で見られました。

ところで、このミュージカルは愛と旅立ちの物語です。夫婦の愛、親子の愛、恋人たちの愛、そしてその献身、別れとともにそれぞれが新しい人生の舞台に向かって旅立って行きます。演じている我々はできる限りの想像力を働かせて演じているつもりです。しかし、なかなかできません。

ですから、あなたは、舞台に立って一緒に演技しているつもりで、ご覧ください。そして、あなたの愛と旅立ちの物語を体験していただきたい。そうすれば、あなたの心は、より楽しい気分に達することができます。ついでに、役になりきった子供達の中で役になりきれない私の苦哀もご察しください。

──────────────────

「『屋根の上のヴァイオリン弾き』と私」

47 回卒 加藤 彩 

私はミュージカルの練習が楽しみです。歌が大好きです。一生懸命練習します。今度の公演はセリフがあります。忘れないように頑張ります。

「2010年公演に寄せて」

加藤 亜紀

ミュージカルに入ってまもなく一年になります。果たして続くのかしらという心配もありましたが、最近は練習のある日を楽しみにしている姿を嬉しく思っています。懐かしい学校へ行き、学生時代の先生方にお会いできることが、今の本人にとって何よりも変えがたい大切な時間のようです。(高等部の教室へ入らないように要注意ですが)日々の生活では大変なことも多く、ミュージカルが心の拠り所の一つとなっていることが本人にとっても私にとっても有難い存在となっています。私も微力ですが大道具としてスムーズに進行できるようお手伝いさせていただきます。いけない!肝心の劇の内容ですが、本人のペースでじっくり時間をかけて理解して欲しいと願っています。(今のところセリフを覚えるので精一杯みたいです。)