2010若竹ミュージカル公演プログラムより
Viva若竹ミュージカルPart R
支援者

會澤加奈子

若竹ミュージカルの「屋根の上のヴァイオリン弾き」は、まさに総合芸術そのものだと思っております。名曲、名ストーリーの枠の中で、メンバー一人ひとりのオリジナリティがどんどん湧き出てきます。メンバーは役になりきり、心と体を思いっきり使って演じ、歌っています。また、とても深いストーリーですが、メンバーは前向きに自らミュージカルに飛び込んでいきます。そんなステキな出演者のみなさんから、とても多くのことを学ばせていただいております。音楽と演技と人の輪が合わさったミュージカル、支えて下さっている多くの関係者の方々に心より感謝申し上げます。

──────────────────

安東恵美

若竹ミュージカルの「屋根の上のヴァイオリン弾き」に出会って、もう5年になるのでしょうか。静岡公演で一緒に歌ったこと、今回の再演に向けてダンスの振り付けを考えさせてもらったことなどいろいろな思い出があります。昨年11月の公演では大道具係の手伝いもしました。この舞台では、家の転換がかなり重要になってきます。お芝居を演じている中で、また演技と演技の間で速やかに家を転換させるためにどれだけ細心の注意を払っているのか、経験させてもらって理解することができました。テヴィエ一家とともに苦労を苦労と思わず、どんな時にも前向きに考え、一生懸命自分なりにできることをやってみたいと思います。

──────────────────

あれから5年

大野優子

屋根上はこれで2度目。

前回の上演から5年たち、みんな年をとって、成長しました。私も成長しました。主に横に。(衣装がきつい)

みんないろんな経験をして、以前の屋根上とは一味違う屋根上になっていると思います。みんなと一緒に年をとれて幸せだな?。

──────────────────

鈴木千夏

若竹ミュージカルの仲間に入れていただいて 2度目の「屋根の上のヴァイオリン弾き」

テヴィエ一家の生きた少し生きにくい時代。それを彼らと一緒に表現することで がんじがらめで身動きの取れないであろう世の中でも 楽しく生きられること。生き生きとした毎日を送れるということを実感しました。

この若竹ミュージカルの「屋根の上のヴァイオリン弾き」を観ていただいた、たくさんの方々のトコロに《楽しみの種》が届く事を期待しています。

──────────────────

立山直子

ひと月に2回集まって練習することが、普通の生活になって8年。ここしばらく練習に参加できなくて、感じるのは「自分はいかに若竹ミュージカルの仲間からエネルギーをもらっていたか」ということ。活動から離れていると、ふだんの生活も勢いが出てこないような気がするから不思議だ。

若竹ミュージカルのこのエネルギーが観客席にも届いて、公演を観て下さった方々が「あら、気づいたら、なんだか元気になっている・・・」って思って下さることを願っています。

──────────────────

屋根の上のバイオリン弾きと私

根本友己

今回の公演を前に思い歌う

「屋上の 朝日の眺めを 追い求め

根気をつかい 階段を

のぼりつめても

上のうえ 新たに現る 急坂は

バイバイを 日々の自分に 別れ告げ

リンと夕日に 誓いつつ 友と再び 明日向けて 

弾き語りつつ 出発をする。」

五七調で読んでね。

私はテヴィエとともに歩きたし。

静岡公演でテヴィエになりそこなった男は公演の

誰かの代役で、いつも共にいます。

──────────────────

「屋根の上のヴァイオリン弾きと私」

橋本明子

 若竹ミュージカルでの再演、「屋根の上のヴァイオリン弾き」 今回は新しい場面が加わり、私にも新たな役が・・・!

フルマセーラというお化けの役をやらせて頂くことのなったのです!私にとってこんなにインパクトのあるキャラクターは初めてです。

歌う!叫ぶ!走る!そして怖い!大迫力!でも憎めない☆

そんなフルマセーラに、自分のカラを破るべく挑戦!です!

──────────────────

噛めば噛むほど

支援者 福井滉

ロシアの中のユダヤ人集落。5人の娘を持つテヴィエの一家。時代の変化に振り回されるテヴィエ一家や村人たち。最後は村を追い出される村人たち。かなり以前に「屋根の上のヴァイオリン弾き」の映画を見たときは“何だか地味な映画だなあ”くらいの印象しか残りませんでした。6年半前から若竹ミュージカルのサポート隊に加わるようになって、この劇の奥深さや音楽の素晴らしさを実感できるようになりました。スルメのように噛めば噛むほど味の出る、そんな逸品です。

──────────────────

?マゼルトフ ! ?

支援者 福井晴美

三つ昔も前のある日、私は幼娘を膝上に帝劇の舞台を観劇しておりました。演目は、帝政ロシア時代に土地を追われるユダヤ人の日常を、生き生きと描いたミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」で、初代テヴィエ役は森繁久彌さんでした。それから、30年後の今、思いも及ばない不思議な縁が絡み遇ってか、私は同名の舞台に立っているのです。

以前、本物(笑)のラビ(ユダヤ教の指導者)に恋をした友人からユダヤの結婚式の話を聞いたことがありました。本日の第一幕9場(結婚式)でも4本柱の天蓋(フッパー)の入場から始まる伝統的なユダヤ式挙式が再現されています。彼女の話では新郎がワイングラスを踏み砕くシーンでは、ユダヤ人達は公用語のヘブライ語で、マゼトルフ!と、祝福するそうです。その意味は、Good Luck 、神のご加護がありますように・・・らしい。

それでは、観客の皆様、ミュージカルの皆様、今日の良きご縁に、マゼルトフ!

──────────────────

「花屋のハンナ」

三砂良美

今回台本に初めて自分の名前が載り、ほんの少しのセリフですが、若竹の一員であることをとても実感しました。練習中には「あそこの歌詞どうだったかしら?」と周りのお母様方とわいわい言いながら、仲を深め、気持ちをひとつにしながら行ってきました。前回よりも話の内容が肉付けされ、ますます面白い舞台になると思うと、本番が今から楽しみです。

──────────────────

『屋根の上のヴァイオリン弾き』と私

三輪禎子

若竹ミュージカルの持ち駒となって二度目の公演となる『屋根の上のヴァイオリン弾き』。

初回は、代役を考えておかなければ・・と言う非常事態もありました。また、ユダヤ人のしきたり(トラデッション)についても、たくさんの学習をしました。旧約聖書と新約聖書の違いを知ったのもこの時でした。暗く重たいテーマをどのように若竹ミュージカルで演じきれるのか?と言う不安もありました。そんなこんなを乗り越えて、今回再演にこぎ着けたのです。キャストも代わり設定場面も加わったりして、一段と深さを感じる作品になったと思います。今回が集大成です。みんな自信を持って公演に当たろうと意気込んでいます。ちょっぴり不安が残る私自身ですが、みんなのパワーに圧倒されたいとも思います。何とか・・・・!

──────────────────

再び「屋根の上・・・・・」に挑戦

山本正子

ここ武蔵野市民文化会館の舞台で、同じ演目を上演したのは5年前のこと。その時と配役が大きく変わり、場面や曲目や演出にも変更した部分がある。そこで難しかったのが、前のことにいつまでも惑わされたこと。例えばプロローグの曲。♪トラディション〜の歌詞が♪しきたり〜と変更になり、他の歌詞も―部手直しに…。実は私、一連の変更箇所をごく自然に歌えるようになるのに、結構努力を要した(トシ?)。だから、配役が変わり、新たな台詞や演技・歌・踊りを覚えなければならなかった役者さん方は大変だったと思う。その努力に:「乾杯!」。