東久留米公演プログラム10ページより
Viva若竹ミュージカルPart IV
支援者

支援者 大野 優子

 「なんでそんなところに住んでいるかって?・・それは、ここアナテフカがわしらの生まれ故郷だからさ!」 これは私たちが去年上演した『屋根の上のヴァイオリン弾き』のセリフの一部です。生まれ故郷だから住んでいる。理由になっているような、なっていないような・・。でも、なんとなくすんなりと納得もできてしまう不思議なセリフです。故郷には理由はいらないんですね。

 若竹ミュージカルの生まれ故郷はここ東久留米です。やっと地元で公演できることになりました。故郷での公演に喜びいっぱいです!

   ──────────────────

「たくさんの奇跡のかげに」

支援者 加藤富美子

 若竹ミュージカルでは毎回の公演ごとに、ソリストやナレーターをオーディションで決めていきます。セリフや演技力は抜群だけれども音程をとるのはどうも苦手という卒業生、そして・・・いつも楽しそうにニコニコと舞台に立っているけれども、まだ一度も声を耳にしたことがなかった卒業生ですら、このオーディションでみごとに変身しソロを取っていく姿にどれだけ立ち会ってきたことでしょう。この奇跡としか言いようのない変身のかげには、実は若竹ミュージカルで蓄積されてきた大きな体験があるのです。今回の東久留米公演でも、こうしたたくさんの奇跡を観ていただけることでしょう。

   ──────────────────

「育み、歩みの地で」

支援者 立山直子

 息子が学校を巣立った後も、母のほうはミュージカルで、東久留米に足を運んでいます。

さいわい保育園での運動会、ヨーカ堂ができて買い物に勤しんだこと、明るい市庁舎の完成 そこに赤いピアノがあることなど、思い出は続きます。ミュージカルに参加していると、希望、可能性を信じることができるようになります。息子を育み、私にとっても歩みの地、東久留米で今日この日を迎えられるのは喜びです。

「若竹ミュージカルって!?」

支援者 橋本明子

 私が若竹ミュージカルに参加するようになって、早2年半…。初めて一緒に舞台に立った時の感動は、今でも鮮やかに覚えています。若竹ミュージカルって、出演している私が感動してしまう舞台なんです。見所は、み〜んなのひたむきさ、温かさ☆  説明よりも、どうぞご覧あれ!!

   ──────────────────

「みんな雄弁です」        

 支援者 福井 滉 

  今回の公演を含めて私の舞台は5回目、練習日の日数は合計60日ほどになりました。練習の時は必ずリレートークというおしゃべりの時間を取るのですが、卒業生達はとても雄弁です。旅行、職場、家族、コンサート、スポーツ、事件などいろんな話題が出ます。各人の表現力に差があっても一生懸命伝えようという意気込みが伝わってきて感動します。彼らの前向きさ、率直さに学ぶことが多いです。

   ──────────────────

「サウンド・オブ・ミュージック『私のお気に入り』に寄せて」 

支援者 福井 晴美

 私の『私のお気に入り』は、練習日のランチタイム。もっと“お気に入り”は、ランチタイムにエビチリ弁当を食すこと。もっとお気に入りは、エビチリ弁当を食しながらの卒業生達とのおしゃべり。もっとお気に入りは、楽しいおしゃべりに満面笑顔の卒業生達。もっとお気に入りは、笑顔の卒業生達の心に今日はちょっぴり寄り添えたかな?と思えたとき。これが私のお気に入り。