東久留米公演プログラム10ページより
Viva若竹ミュージカルPart IV
オーケストラの仲間

トランペット 赤澤 秀行

 今から十二年前、私が学生の時、若竹ミュージカルが始まりました。それから途中、私事で離れてしまうことがありましたが、活動を見てきましたが、演者の人の一生懸命さと、ひたむきさにいつも感心させられます。それを見ていつも、元気とやる気を貰って演奏に臨んでいます。これからも演者の皆さん、それを支えるスタッフの皆さんとブロードウェイをめざして、素晴らしいミュージカルを演じたいです。

   ──────────────────

コントラバス 大串 清文

 私は、東久留米市と同じ東京都内、奥多摩町で生まれ育ち住んでいます。今では、小1の息子も身近に感じている「東久留米」。私にとっては、東京学芸大学管弦楽団の附属養護学校での音楽教室が、地理的に初めて認識した機会だったと思います。それまでは、東大和、東村山、東久留米???という状態でした。それから10数年。私と家族の時間のなかに自然とある場所となりました。そして、今回の公演・・・感慨深いものがあります。

   ──────────────────

フルート 佐藤 玲子

 昨年の秋から、若竹ミュージカルの仲間になりました。舞台とオーケストラで初めて合わせた時、歌と踊り、そしてみんなの想いがぎゅっとつまったミュージカルに、演奏者の私も胸が熱くなりました。そして○年振りに仲間と音楽を創っていくワクワク感でいっぱいになりました。本日はご来場くださいましたお客さまに、この想いが伝わるように演奏したいと思います。

   ──────────────────

チェロ 島田 栄子

 早いもので私が若竹に参加し始めてから10年以上が経ちました。すっかり生活の一部となり、知らず知らずのうちに続いていました。でも、今回のプログラムをやっていると、その当時の事が色々と思い出されます。まだ楽器も始めたばかりでとても苦労した事や一緒に弾いていたメンバーの事。あの時は全然弾けなかったのになあ、皆でさらったなあ、と懐かしく思いながらやっています。また新たな思い出を刻んでいきたいです。

   ──────────────────

オーボエ 清水 沙織

 私にとって若竹ミュージカルは、一言でいうと「元気をもらえる場所」です。どんなに疲れているときも、練習に参加すると、帰りには「またがんばろう!!」という気持ちになり ます。演奏中、自分のパートが休みのとき、ミュージカルの皆さんの歌声に合わせて小さな声で歌っているのは、きっと私だけではないでしょう。このオーケストラに参加させていただけることを、いつも心からうれしく思っています。

   ──────────────────

クラリネット  鈴木 宏治

 演奏に集中しなければならないのに、つい舞台の上の“世界”に引き込まれて曲のスタートであわててしまうことがあります。物語そのものが持つ力と、役者の出す強力な力が、僕らに強い共感を引き起こすからなのでしょう。

 見ず知らずの他人の物語に共感できることは、とても大切な気がします。一演奏者として、舞台上の“世界”に、一人でも多くの方が共感して下されば、これに勝る喜びはありません。

   ──────────────────

チェロ 高瀬 薫

 早いもので、若竹ミュージカルに参加し始めてから早5年。最初はピンチヒッターとして練習や公演に参加していたのですが、いつの間にかレギュラー出演している自分がいます(笑)。時には楽しく、時には厳しい練習を共に乗り越えてきた仲間と、この演奏会を最高のものだったと言い合えるよう、今日も全力投球でがんばります♪

   ──────────────────

チェロ 田中 博

 若竹ミュージカルに参加して10年以上がすぎました。公演を重ねるたびに、音楽に対して、表現するということに対して新たな発見があります。その積み重ねは自分の中の「引き出し」を増やしてくれました。おかげで少し成長できたかな?

 等身大の自分を見つめ、そして一歩前に進ませてくれる。そんなこの活動に感謝しています。

   ──────────────────

トロンボーン 谷口 良二

 ミュージカルは、歌や踊り、台詞に演技と、多くの要素が交わって構成されます。

オーケストラの伴奏は、それらに密接に関わり合うことで、よりドラマチックな舞台を演出しています。

しかし、ミュージカルの音楽は、出演者や演奏者だけではありません。照明や音声、大小道具といった舞台の彩りが大切です。見て・聞いて楽しむ、それがミュージカル。

そんな大きな音楽を一緒にやりませんか?

当オーケストラは、団員を随時募集してます。

pump_bone_rock@yahoo.co.jp 谷口良二

   ──────────────────

バイオリン 丹沢 絵美

 私が若竹ミュージカルにオーケストラで参加するようになって、はや6年が経ちます。

そんなに長く、ずっと参加し続けてしまう訳は、なんといっても公演本番が楽しいからです。本番中に、ミュージカルの方々が一生懸命演じていて、お客様もそれに拍手や笑い声で応えてくださっているのを見ると、自分がその一部であることがとても嬉しく、麻薬のように(?)やめられなくなってしまいます。今日もそれを味わえるよう、一生懸命演奏します。

   ──────────────────

トロンボーン 戸邊 安代

 若竹ミュージカルの歴史をたどって3つの演目の中から代表的な曲を演奏するということで、とても楽しんで練習に励んできました。3つの演目どれをとっても好きな曲ばかりで夢のようです。トロンボーンの譜面は、曲によってはとても難しいものもあり、やりがいを感じると同時に緊張もしています。

若竹ミュージカルのメンバーのみなさんと共に良い公演にしたいと考えています。よろしくお願いします。

   ──────────────────

クラリネット  鳴瀬 絵理

  若竹ミュージカルで演奏するようになって早12年。前回初めてお休みさせていただきました。今回は新しい家族が増え、一家そろって練習に参加しています。娘はただいま5ヶ月。実は、前々回の公演でおなかの中で参加させていただいており、初めて聴く音楽ではないのです。きっと懐かしい気もちで聴いてくれていることでしょう。これからも若竹ミュージカルがずっと続いていけば、小さな観客がもっともっと増えるかもしれませんね。

   ──────────────────

ヴァイオリン 淵本 晶子

 音楽が大好きで、そして人間が大好きな、そんな仲間の集まりだなぁといつも感じています。そんな仲間たちと一緒にまた公演ができること、とてもうれしくおもいます。若竹ミュージカルの魅力がもっともっと伝わるように、私もがんばります☆すてきな時間にしましょう!よろしくおねがいします。

   ──────────────────

チェロ 真篠 久美子

 若竹ミュージカルの練習風景----公演が近づくにつれ、高まる緊張感。それでいて温かい眼差しでお互いを励まし合う雰囲気。笑ったり、微笑んだりしているたくさんの顔。公演の度に、みんなで一生懸命に努力して作り上げてきた、ということを実感させられる若竹ミュージカル。そこにオーケストラの一員として参加できることが素敵なめぐり合わせだなと感じています。今日も一緒にがんばります。

   ──────────────────

ヴァイオリン 森永 佳代

 月に2回の練習日、養護学校に行くと「こんにちは。」「よろしくお願いします。」と笑顔で迎えられます。若竹ミュージカルに参加するようになって5年になりますが、オケのメンバーやミュージカルの方々「ここに来れば変わらない仲間がいる。」ということが私にとってとても大きな楽しみです。

 練習を重ねて迎えた公演。笑いあり、涙ありの若竹ミュージカルの舞台に演奏しながら毎回感動しています。

   ──────────────────

チェロ 鷲頭 まり子

 ホルンを吹いていた17歳の頃、オケの後ろの方からブラームス2番のチェロの旋律を弾くおばちゃんに憧れた。あんなおばちゃんになりたいと、チェロを手にした18歳。おばちゃんになった今、伸びやかに唄う若竹ミュージカルの歌手たちを支え、また共に陽気に唄う元気なお母さんたちに憧れている。ブラ2は当分お預けだなー。