2012年小金井祭公演プログラムより
Viva若竹ミュージカルPart XII
オーケストラの仲間

今回のテーマは「パンとわたし」

パンとわたし

ホルン 飯島友香里

 幼い頃からのパン好きが高じて、パン屋さんで2年ほどアルバイトをしたことがあります。早朝のシフトに入ると、焼きたてのパンをお店に並べる仕事があります。冷めてもおいしいのですが、やっぱり焼きたては特別。しっかり朝食をとっていても、焼きたてパンの香りでお腹が空いてきてしまいます。でも、焼きたてがお店に並ぶ時間はたいてい仕事中なので、焼きたてパンを食べられるチャンスはパン屋さんでもなかなかありませんでした。タイミングよく休憩があると、うきうきしながら焼きたてパンを食べる毎日。案の定、その時期は体重が増加。それでも、焼きたてパンの香りには勝てないのでした。

──────────────────

「パンとわたし」

コントラバス 大串清文

パンで思い出すのは、今は廃校となった「奥多摩町立古里(こり)小学校大丹波(おおたば)分校」での給食の時間・・・木造校舎で各教室にあった、だるまストーブでトーストした食パンやコッペパンの上でとろけるマーガリン。そして温めた牛乳。美味しく楽しい給食の時間でした。同級生8名で4年生からは本校舎へのバス通学。その本校舎に、長男、長女は1年生の時からバス通学し、早いもので長男はこの4月から同じく父が通った古里中学校に入学。いずれの校舎もエアコン完備で給食はごはん中心に。約30年の時間の流れをあらためて感じます。1歳10か月の次男が小学校、中学校に通う頃にはさらにどんな変化が・・・今から楽しみです。

──────────────────

パンとわたし

オーボエ 小澤耕平

我が家では毎朝パンを食べています。食パンを焼いて、ジャムを塗ったり、チーズを塗ったり。子供達はぶどうパンやクリーム入りのミニクロワッサンが大好きです。おばあちゃんはアンパンが好きで、よく食べています。僕はクリームチーズを塗った食パンにバジルを散らしたり、オリーブオイルを塗るのが好き。昼休みに楽器の練習に行ったりすると、昼食を取る時間が無くて、菓子パンで済ませることも多いです。手軽で美味しいパンは、僕たちの生活に欠かせません。パンに感謝をしながら、楽しく演奏したいと思います。

──────────────────

「パンの思い出」

ピアノ 工藤久美

忘れられないパン屋さんの思い出があります。 祐天寺にある老夫婦で営む、夜中1時から開店するパン屋さん。 パン好きの友達と一緒に行ってみました。 お店のご主人が、私たちの選んだパンを1つずつ丁寧にゆっくりと袋に入れる姿に、なぜか心が動きました。 1つ1つのパンを、丁寧に、ゆっくり、作る、作り続ける。 1つのパンに人の生活の歴史が込められているように思えて、人間の一仕事に触れた忘れられない思い出になっています。 普段はそれぞれ自分の生活や仕事をこつこつ頑張っている仲間達と観客の皆様が、今日は学芸の森ホールに集まって、「ロはロボットのロ」を一緒に感じられることを楽しみにしています。

──────────────────

ヴァイオリン 坂下万里子

私はまっしろなごはんが大好きだ。おかずがなくても、炊きたての温かいごはんが食べられたらすごく幸せな気分になる。特に朝食は「絶対ごはん!」と決めている。そうじゃないと、いまいちパワーが湧いてこない。だから、朝起きて食卓にパンが並べられている日は、少しだけブルーな気持ちになる。「今日はパンかぁ…。」パンが嫌いなのではない。ただただ、ごはんが大好きなのである。

そんな私にも「今朝はパンが食べたい!」と思う瞬間がある。おそ〜く起きた休日の朝。無性にパンが食べたくなる。食パンをオーブンでカリカリに焼いて、スープに浸して食べるのは最高だ。心も体もほっこりとあったかくなる。

ごはん、ときどきパン。そんなリズムがちょうどいい

──────────────────

ファゴット 佐藤寛治

去年に続いての「口はロボットの口」に参加させていただきますが オペラはモーツアルト、ヴェルディ、プッチーニ、ショスタコービッチなどは演奏しましたがこの様な書き下ろしのオペラは初めて去年は全くの手探り状態でしたが 少しは私も含めて目鼻立ちくらいはできたのではないかと思います。 去年の小金井祭、南アルプス市公演と皆様とご一緒させていたたたきましたが 今回もどうか、よろしくお願いします。

──────────────────

チェロ 島田栄子

演奏をしながらいつも考えてしまうこと。それは、テトが作るパンは一体どんなパンなんだろう、ということ。1000個も作れるなんて!1000個も作るんだからロールパンみたいなパンかな、と思うけれど、でも「はちみつパン」みたいなとっても魅力的なパンの名前も出てきます。どれもこれも食べてみたい!「日本人好みのパンばかりだな〜」

なんてことを考えながら演奏をしています。こんなに色々なパンを作れるテトみたいなロボット、いたらいいですね!

──────────────────

チェロ 田中博

寒い時期になりました。そろそろ年の瀬が近づいていますね。日本では年越しといえばお蕎麦ですが、自分が住んでいたオランダでは、この時期には『オリボーレン』という、粉砂糖を塗したドーナツ菓子を食べる習慣があります。たくさんの出店(屋台?)が出て、オランダ全土のうち、どの店がおいしいかというランキングがインターネットに出されるほどの盛り上がりようです。またいつか年越しの花火を見ながら食べたいと、家族みんなで話しています。

──────────────────

パンの思い出

ヴァイオリン 谷口晶子

私は小学生の頃、埼玉に引っ越してきました。着いたのは夜。ガスの関係だったのでしょうか。まだ料理ができない新しいお家で、買ってきたパンを家族で食べたのを覚えています。そして、新しい町の商店街にはパン屋さんが1件ありました。スーパーで買うパンとは違って、トングを使って好きなパンを取るということにいつもワクワク。小学生の私のお気に入りのパンは、動物パンでした。うさぎの形で、中には甘いクリームが。目はゼリーで口はチョコレート。本当においしかったです。

パンとともに子どもの頃の懐かしい思い出がいっぱいです。

──────────────────

「コッペ」

トロンボーン 谷口良二

パンと言えば、家では食パンでした。学校では、コッペパンでした。そういう時代でした。食パンは「食べるパン」だなと想像ができるのですが、コッペパンの「コッペ」って何でしょうか。(「食べないパン」ていうのも想像できないが…画家さんが使うやつか?)調べてみました。フランス語でした。「切られた」という意味の「クーペ」が訛ったらしいです。つまり、あれです。ホットドック用のパンです。間に何かを挟んで楽しむパンです。確かに、市販のコッペパンは切れ込みがあって、そこにジャムやマーガリンが挟まっています。給食の時のコッペパンは違いました。切れ込みはなく、ちぎってマーガリンにつけて食べていました。「コッペ」じゃないです。ダメじゃん

──────────────────

ヴァイオリン 蜂須健司

今回の舞台オケには、2回目の参加となります。前回の作品とはまた違う舞台に仕上がり、その中で演奏に参加できることを光栄に思います。 パンと聞いて、パッと思い出すのはメロンパンです。小学生の頃からお菓子感覚で食べています。現在も職場にパンを売りにくる方がおり、毎週メロンパンを買って食べています。 メロンパンを食べて一息つくのがくせになり、メロンパンなしには生活できないでしょう。

メロンパン万歳!!

──────────────────

「パンのあれこれ」

ヴァイオリン 森永佳代

?パンは好き。

?シンプルなパンも惣菜パンも甘いパンも好き。

?特に好きなのは、チーズの入ったパン、カレーパン、米粉パン。

?朝食や昼食にはよく食べるが、夕食にはほとんど食べない。

?パン屋さんの雰囲気は落ち着く。

?パン屋さんでパンを買うとき、とても迷う。

?「焼きたて」と書いてあると、つい買ってしまう。

?最近知ったパンはルバーブパン。

──────────────────

パーカッション 矢浪陽子

子どもの頃、海外へ引っ越しました。帰国した際、周りの人は「何が食べたい?お寿司?」なんて聞いてくれたわけですが、そんな周囲の期待(?!)を裏切り、日本に帰ったらとにかく食べたかったのは、あ・ん・ぱ・ん!!それから、地元のなじみのパン屋さんの、甘みがあってふわふわした食パン!「パンでいいの?」とびっくりされたものです。初めてのおつかいがそのパン屋さんだった私にとって、そのパンと、お店からただよう甘い香りと、パン屋さんのおじさんとおばさんの笑顔は大切な思い出。ママモンローを見ていると、遠いオランダの空の下、あんぱんを懐かしんでいたときのことを思い出します。

──────────────────