2012年小金井祭公演プログラムより
Viva若竹ミュージカルPart XII
卒業生と保護者

今回のテーマは「パンとわたし」

「パンとわたし」

18 回卒 坪上義子

私は、メロンパンが大好きです。皮がかりかりしていて、干しぶどうの入っているのは、甘くて好きです。

坪上禮子

日中戦争の頃のパンは、ジャム、クリーム、あんパン、食パン位で、おやつだった。戦争が拡がり、物がなくなり、食パンは一人半斤並ばないと買えなくなった。太平洋戦争になると、米は勿論、小麦粉も少量の配給しかなく、パンなど見ることさえなかった。敗戦前後の数年間は、どうして生き延びられたのか思い出すだけでも辛く悲しい・・・・。“背中とお腹がくっつい”ていた。

敗戦後は、少しずつ闇市などに食料品が出始め、卒業して勤めた所の地下に、今のお弁当屋風の店が出来た。ある日そこで、食パンにコロッケ、刻みキャベツを挟んだパンを見つけて、それを食べた時には、震える程なつかしく嬉しかった。しばらくして、青山に「ドンク」が開店し、フランスパンを販売するとの記事が載り、当日は長い行列だったとか。その後、私も渋谷で本式のフランスパンを手に入れた。長い紙袋に入ったパンの皮の固い手触り、久しぶりのパンの香ばしい匂い、平和であることの幸せ。

今、どこの街でもパンが一杯、溢れそうだ。菓子パン、お惣菜パン。わくわくするのだけれど、“こんなに品物が溢れていていいの”との声が、どこかから聞こえてくる。どう考えたらよいのだろう。

──────────────────

「パンとわたし」

21 回卒 植田久

私は、惣菜パンが好き。パンを食べ始めたのは、2歳頃だったとか。いろんなパンを覚えているのは、伯母(母の姉)が母に教えてくれて焼いたパンを食べたこと。パンを好きになってきたのは、中2・3年の頃。私の好きなベスト3、@コーンパン(焼き肉の上にコーンとマヨネーズをのせて焼く)Aアンパン(木村屋で働いていた頃から)Bアップルパン(母がりんごを煮てくれるのをのせてトーストする)そしてクリームパンも好物です。ミュージカル公演に出かけてくれるお客様、僕たちの大切にあっためてきた「ロはロボットのロ」をゆっくりみて下さい。心よりお待ち申し上げておりますゾ!!

「パンとわたし」

植田千代子

私たちパンといえば、終戦後の代用食!それでも、あの食糧難の時代、配給の小麦粉をパン屋さんに持参、「進駐軍のパン」と称しとても白くてキメの細かい食パン。はっきりした記憶ではないけれど、これほど美味しい食パン、当時、すごく贅沢な食感でした。上等のこのパンはパン屋さんも少量しか焼かず、早く開店時に行かないと手に入りません。少量の小麦粉の量で、上等?普通とパンに差があったようです。学校給食は5・6年生頃のコッペパン、これは余りおいしくなく、うれしい想い出ではありません。空腹を満たしてくれるだけのもの。近頃は贅沢な時代になりました。美味しいパンが溢れ、お菓子感覚。なんだかバチがあたるオモイです。

──────────────────

「パンとわたし」

25回卒 小林竜一

ロはロボットのロのうたをうたうと、おいしいパンがうかびます。

小林美沙子

最近のパン屋さんには沢山の種類がならんでいます。家にロボットがいて食べたい時に焼きたてのあたたかい、美味しいパンが“チーン”と出来たら楽しいだろうなあと、ミュージカルを見ながらつい考えています。

──────────────────

「パンとわたし」

25 回卒 田口雅之

ぼくは、パンが大すきです。一ばんすきなのはハムサンドです。そのつぎはクリームパンです。まい日たべたいです。

田口みどり

雅之が3?4歳の頃、青山の先生のもとへ親子で通っておりました。場所柄、最先端のお店が並んでおり、何気なく入ったA店のパンがどれもおいしく、自宅付近で売られているのとは格段の差がありました。最近になり、久しぶりに入ったそのA店のパンを食べて「エッ!」と何か不思議な気持ちになりましたが、自分の舌が肥えた事もありますが、何処のパン屋さんも技術があがり、それ程の差がなくなってきたのでしょう。若竹ミュージカルも、年ごとに目の肥えたお客様ががっかりなさらない様なミュージカルにしていかねば・・・・と思うこの頃です。

──────────────────

25 回卒 木村智子

はじめてパンの缶詰を食べました。 イチゴ味の缶をシーチキンの缶と同じように開けました。空気にふれたらぷぅ〜っと大きくふくれるのかと思ったけれど缶の大きさと同じでした。やわらかくて小さい赤いいちごの実がいっぱいで、とっても美味しくてもっと食べたかったです。干しブドウやオレンジ味などいろいろな味のパンもあります。災害にあった時にこんな美味しいパンがあったら元気になれそうです。 

木村希代子

私の幼い頃にはパンは売っておらず、母親がメリケン粉にふくらし粉を入れ、フライパンで焼いたりアルマイト製のお弁当箱にタネを流しいれて蒸し器で蒸してくれたりしたものです。最近はパンの缶詰まであることを知り驚きでした。それを作っているアキモト社長のお話はそれ以上の驚きです。阪神大震災の時に支援物資として送ったパンが日持ちをしないことがきっかけで、パンの缶詰という画期的な商品を開発されました。その社長の考え方は チェンジ、チャレンジ、チャンスの三つのCです。変わるぞと宣言してチャレンジすれば、そこにチャンスがやってくるがアキモト社長の考えと実行力でした。この缶詰パンは宇宙ステーションの食事にも出されています。社長の大好きな言葉は「気楽に頑張れ」気楽に物事を頼める友達をたくさん作れよということ。あきらめずチャレンジし続けていれば応援してくれる人がたくさん現れる。アキモト社長の考え方は若ミュージカルと似ている所があるなぁ、と思いました。我々も今ではたくさんの支援者の方に恵まれています。チャンスはどんなチャレンジから生まれるのか楽しみです。

──────────────────

「たまごのサンドウィッチ」

25 回卒 近藤さと子

私はパンが大すきです。一ばんすきなのは、ゆでたまごのサンドウィッチです。ようちえんのおべんとうは、いつもサンドウィッチだったそうです。

近藤和子

5人家族でしたから、ドライヴに行く時は3斤の食パンに、玉子、ハム、ツナ、チーズ、やさいなどはさんで、1口ぐらいの大きさに切って、運転しながらでも食べられるようにしていました。ポットにお湯を入れコーヒーや紅茶も入れて、渋滞をしても大丈夫なように。三重の実家に行く時は余分に作って持って行くと母が喜んで、おいしそうに食べていたことを思い出します。最近はあまり作りませんが、朝早く出かける時、前の晩に玉子と玉葱をマヨネーズでまぜたのを作っておくと朝食の支度が早く出来ます。それぞれ自分ではさんだり、レタスにつけたり自由に食べています。久しぶりにサンドウィッチが作りたくなりました。

──────────────────

「私の好きなパン」

27 回卒 小野寺邦江

私はクリームパンが大好きです。いつもパン屋さんに行くとクリームパンを買います。学校の給食で出るパンはカレーパンや、きな粉パンや、焼きそばパンがおいしかったです。今は食パンに玉子やハムを入れたサンドウィッチがおいしいです。テトが作るパンも食べてみたいです。

「思い出のコッペパン」

小野寺恵江

終戦後の食糧難だった何もない時代のコッペパンは本当に美味しかったです。そのコッペパンでさえ自由に買えず配給制でしたので、家族分のチケットを持って行かないと買えませんでした。パン屋さんといっても今のようなお店はなくパン工場のようなところで棚もケースもなく木製の箱に入っているだけでした。あとは母が工夫をして蒸しパンのようなものを作ってくれたり、さつまいもの粉(生のさつま芋をスライスして粉にしたものです)でパンのようなおだんごのようなものを作ってくれました。何か寂しい侘びしい話ばかりですみません。今はパン屋さんに行くと何にしようか迷ってしまう幸せな時代になりました。でも最後はこんがり焼けた食パンにバターを付けたのが最高かな?・・・・。

──────────────────

「パパパパ パンのこと」

近藤由紀子

パンは一体、いつ頃から食べられるようになったのでしょうか。食べるばかりで考えた事もなかったのですが、4千年前に作られたパンが、ロンドンの大英博物館で見る事が出来ると聞きました。パンの誕生は、紀元前7〜4千年頃のメソポタミア流域とされていて無発酵のパンだったそうです。発酵した生地を焼くパンは、古代エジプト人がパンつくりを途中でやめてしまい、放置されたパン生地は、翌日ふっくらよい香りがして、焼いてみると大変美味しいパンが出来たのが始まりだったようです。パンだけではなく、例えばペニシリンもそうですが、ふだんやらない事が、思いもよらぬ良いものにつながり、多くの人に幸せをもたらしてくれました。本公演も、思いもよらない発酵の力を借りて、ふっくら大きな舞台となりますよう願っております。

──────────────────

「パンとわたし」

27 回卒 鈴木真奈

わたしは、パンと聞くと、食パン、バターロール、クロワッサン、「ツナ、たまご、やさい、ハムなどのサンドイッチ」を想い出します。食べた瞬間に、「あー、おいしいな!」と幸せを感じます。こんどのオペラは、パン製造ロボットの物語です。楽しく演じます。

「パンとわたし」

鈴木文雄

私は、最近、娘をグループホームへ入居させ、独りで生活しています。朝食は、永年の習慣でパン食です。食パンにバター、マーガリンを塗って、レタス、ハム、チーズをトッピングしてオーブンで焼いて食べます。別に、レタス、きうり、ピーマン、トマトなどの生野菜に、ゆで卵かスクランブルエッグなどを添えた一皿を食べます。モーニングコーヒ―は、目ざましに必須です。時々、朝食を食べながら、家内が元気だった頃、毎朝、焼いて呉れたバターロールの味の美味しかったことを想い出します。今回のオペラでは、バックコーラスの一員としてパン製造ロボットと町の人を演じます。

私は、最近、腰痛を抱え、そろそろ引退の年齢になりましたが、今回は、老骨に鞭打って、一生懸命演じます。 皆さん、子供たちの熱演を大いに楽しんで下さい。

──────────────────

「パン大好き」

27回卒 盛生正子

私の一番好きなパンはソーセージパンです。お姉さんは、トースト、お母さんはアンパンです。お給料をもらうと時々買ってあげます。今日はソロで最初に歌います。がんばります。

「あきらめないこと!」

盛生桂子 

初めて “ロはロボットのロ”を聴いた時何て難しいんだろう、私達が演じる事ができるのかしら、音ばかりに集中していると高音で内容もさっぱりわかりませんでした。私はこの間3年あまり闘病生活を送っており、朝、昼、夕と聴いている内にこのストーリーとテーマが私の人生とだんだん一致してきました。私の子供の頃はコッペパンの中にアンコが入って15円の時代でした。最近では見た目も美しい、かわいい、且つおいしいパンが作られています。大量生産も機械で作られます。私達親子の人生もパン作りと同様、試行錯誤していろいろな事に挑戦をして歩んできました。ミュージカルに出会った18年前を振り返ると、正子はひとことのセリフが言えず本番でやっとのことで言える事ができました。今も脳裏にやきついています。これは絶対にあきらめないで可能性を信じて必ずできる様になると今までやってきました。真に“継続は力なり”です。私もこの子供のおかげさまで共に大きく成長できたかなと思います。一生に一度の人生を輝いて生きていきたいと思います。今日のコンサートをみていただきテトの作るパンはみんなを幸せにするパンです。私達のミュージカルも皆さんに感動を差し上げられたら、この子らが世の光となって一隅を照らすでしょう。・・・すべての出会いに感謝。

──────────────────

 「パンもいいなぁー!でも僕はご飯が好き」

30 回卒 伊藤公一

 僕のパンの思い出は、体育館いっぱいにパンの焼けるいいにおいがして、みんなと分けてひとくち食べた、あの焼きたてパンがすごくおいしかったことです。パンもいいなぁーと思いました。福生あらたま寮の朝食は週に3日パンです。学園の人が焼くパンです。チーズパンやゴマの入ったパンです。でも僕はご飯の方が本当は好きです。パンだと仕事で荷物をだしたり、しまったりして働くと、お昼近くお腹がグウグウ鳴ります。ご飯で焼き肉やハンバーグ、トンカツをおかずに食べると力が出ます。僕は仕事人、だからご飯です。

   「誠君のおばあ様のクロワッサン」

伊藤敬子

 今から32年も前のことです。次男が三鷹市に新設された「わかば学級」に入学してマンホールが大好きな誠君と出会いました。たった二人の1年生。自然家族ぐるみのお付き合いになりました。グランドピアノでセレナーデを奏でるおじい様の側で白髪のおばあ様がパンやクッキーを焼かれる西洋のおとぎ話の様なご家庭でした。今のように沢山の美味しいパンがお店に並んでいない頃でした。三角のパン生地をクルクルと巻いて、はけで卵をさっと塗り焼き上げた、バターの香りがいっぱいのおばあ様のクロワッサンは、それは美味しいものでした。帝国ホテルでも味わえないような格別に美味しいクロワッサンでした。その後、別々の道を歩み、風の便りに誠君は群馬の施設に入所。お元気だったおばあ様は今夏の暑さが乗り切れずにお亡くなりになられたと伺いました。今でも忘れられぬおばあ様のクロワッサンの味。私の味の宝物です。

──────────────────

「“メロンパン”が好き」   

30 回卒 清野友規

ぼくは小さい時はバタートーストきり食べませんでした。でも、学校の給食でだんだん、色んなパンを食べられるようになりました。今は、メロンパンが一番好きです。テトのメロンパンは大きいかな?食べたいです。

(小学校1年生の給食で初めてお砂糖のついた揚げパンが出た時、手に付いたお砂糖を“バッチィー”と言って振り落とし絶対に食べなかったそうです。・・担任の先生のお話)

 「母の手作り“パン”」  

清野三千子

 日本が終戦を迎えた時、私は小学校4年生でした。当時は凄い食糧難の時代で満足な食べ物はなく、勿論、パン等何処にもありませんでした。

その頃、母は有り合わせの材料でパンを焼いてくれたのです。小麦粉と重曹と砂糖を混ぜ、牛乳で硬く練り上げ、オーブンもない為、フライパンで弱い炭火のコンロに乗せ、じっくり時間を掛けて焼きました。どの位、時間が掛ったか覚えていないのですが、それが厚さ5cm位に膨くれ、表面にこんがりと焼け目が付き見事なパンが焼き上がりました。待ちに待っていた、私達に母がそれを切り分けてくれ、私は無中で食べましたが、本当に美味しく、あの味は忘れられません。これも、材料が手に入った時のみの楽しみで、しばしば食べる事は出来ませんでした。それから、数年後、学校給食にコッペパンが出るようになり、町にも小さなパン屋さんが出来ました。

こんな昔、テトだったら、どんなパンを焼いてくれたでしょう。パンの歌を歌いながら、フト、母の手作りパンを思い出しています。

──────────────────

「パン!!」

31 回卒 相磯岳史

パンが好き嫌い?と聞かれたら!!目の前にあれば食べるけれど、自分で買ってまで食べたいとは思わない。だから好きでも嫌いでもなく普通だと思う。でも「ロはロボットのロ」のパンは甘くて良い香りで美味しそうだから、食べてみたい気持ちにさせてくれる。そうしたらきっとパンが大好きになると思う。

相磯君絵

店の前を通るとパンの美味しそうな匂いがプーンと鼻をくすぐる。その匂いにつられて店の中へ入る。いろんなパンが並んでいて、全部美味しそうなので、あれこれと買うのに迷ってしまう。でも結局いつも食べなれているものを手に取ってしまう。若い頃朝食にパンを食べていた時もありました。今はパンもよいけれど、白いご飯が一番と思うようになっています。

──────────────────

「ぼくとパン」

31 回卒 小島諭

『ロはロボットのロ』の歌で、ぼくはいろいろなパンがでてくる「♪パン工場」の歌が一番好きです。ぼくはお母さんが作る「くるみパン」がすきです。ぼくのとくいなことは台所をピカピカにすることです。

「パンと言えば・・・・・」

小島訓子

諭がまだ小学校の低学年だった頃、近所にパンの専門店ができました。今では当たり前のことですが、そのパン屋は入り口でトレーとトングを自分で持って、陳列台にならんだ自分の好きなパンを取ってトレーに入れるのです。私は、パンの匂いと種類の多さに幸せを感じたものでした。夕方の何度目かの出来上がり時間に合わせ、まだまだ脱走癖の直らない諭をつれパン屋に行きました。彼は“好きなパンを選ぶ”と言う事が出来ませんでした。一番始めに眼に入ったパンをトングでつかんでトレーに入れるのです。この子は自分で選ぶと言う事ができるようになるのかなぁ?、と情けなく思ったものでした。いつの頃からか・・・・・。彼は陳列台の前で「う???んと、え???と」と言いながらパンを選べるようになりました。そしてパンだけでなく、居酒屋でのメニュー選び、着るものから出掛けるところなど自分で希望が伝えられるようになりました。女の子の好みも???

──────────────────

「我が家の朝食」

31 回卒 坂井智明

朝は、お母さんの作ったパンのにおいで目がさめます。ふんわり柔らかなおいしいパンのにおいです。お父さんは手作りジャムをたっぷりつけて食べます。私はピザソースとチーズをたっぷりのせてピザパンにして、私の入れたコーヒーと一緒に食べます。くるみののったあんぱんも好きです。パンパンパン大好きです。

「パン作り」

坂井照子

何しろパンが好きな私。お米が無くてもパンさえあればと言う程パンが好きです。新しいオーブンを買った時、パン作りが始まりました。たたいて、たたいて、もんで、伸ばして、丸めて、一時発酵、二次発酵、いやはや大変です。オーブンの中で、ふんわりふくらんで、出来上がるまでのわくわく感がたまりません。たたいて、たたいて、もんで、伸ばして、ついに肩が上がらなくなりました。今ではホームベーカリーの力をかりて、楽しんでいます。いろいろ混ぜたり、包んだり、のせたり、アレンジのきくパン。家族に“ハイ食べて”とさし出す私。パン作りが大好きです。

──────────────────

「ぼくのたべものについて」

31 回卒 藤江真二郎

 ぼくの朝食はバターロールとミルクティです。お昼は職場で中華麺とご飯とアイスコーヒーを食べています。夜はあったかいご飯といろいろおかずを食べるのが好きです。休みの日にはおやつにイチゴショートケーキを食べることが大好きです。

「コタツでパン」

藤江もと子

ずっと昔、冬になると雪がたくさん降る街に住んでいました。朝からどんどん雪がつもる日は、パンを焼きます。まず強力粉を計って、卵とバターと、ちょっぴりの塩、砂糖、ミルクを入れ、力強くこねます。伸ばしてたたんでまとめてこねてたたいてこねて(ここまでは歌の通りです)、丸くまとめて大鍋に入れ、蓋をして大きな布に包みます。これをコタツに入れて、私も一緒にコタツに入って、じっと発酵するのを待つのです。大きく膨らみました! 最初は押しつぶしてもう一度まるめてコタツへ、二度目に大きくふくらんだら発酵は終わり。私の得意はバターロール。ちぎって伸ばして細長い三角にして、くるくる巻いて、卵汁を表面に塗って、さあ、オーブンへ。

良いにおいが部屋中にただよって、そろそろ焼けてきたようです。

「どれどれ、どんな具合かな」まず一つ、パクパク。

「おっ、うまくできているぞ」もう一つ、パクパク。

「こっちは焼きいろが良いぞ」ついつい、パクパク。

「ああ美味しい!焼きたてってどうしてこんなに美味しいの」パクパク。

沢山作ったバターロールがどんどん減って行きます。

そして数日後、私のからだはパンと同じようにふっくらとふくらみました。  

 おわり

──────────────────

「パンとわたし」

31 回卒 小林美保

わたしは、カレーパンが大好きです。メロンパンも好きです。お母さんは今は手作りのパンを作らないです。

「パンとわたし」

小林春江

私がパンで思い出すことは、小学5、6年生の時です。放課後、先生が希望者にそろばんと書道を教えてくれていました。もちろん無料です。土曜日の練習もあり、楽しみ(1)なのは、この日にパンが食べられることです。楽しみ(2)、皆で学校の近くのパン屋さんにパンを買いに行くこと。パンはコッペパンです、横から切れ目を入れて、何を付けるかが?楽しみ(3)、いちごジャム、ピーナツ、バターの中から選ぶこと。迷います。人気はいちごジャムのようでした。一個15円也(ジャムなし10円)の記憶があります。この頃は何をしても楽しく又おもしろかった。家の手伝いもしました。今日は久しぶりに小学時代のことを思い出し懐かしさが込み上げて来ました。

──────────────────

「パンとわたし」

31 回卒 谷山いづみ

私の好きなパンは、ハンバーガーやチョコレートパン、コーンパンなどです。「パン工場」を歌っていると、テトの作ったいろいろなパンが食べたくなってきます。

谷山洋子

私はパンはやわらかい生地でも、フランスパンのように堅くても、ベーグルのようにもちっとしたパンでも何でも大好きです。食欲のない時でもパンなら食べられます。最近はパン屋さんで「パン工場」に登場するパンをみつけると、思わず「ユーフォーににてるメロンパン」と口ずさみながら、いろいろなパンを買うようになりました。「パン工場」では焼きたてパンの香ばしい匂いを想像しながら、パンロボットとして歌い、他の曲では町の人として楽しく歌っております。

──────────────────

「パンとわたし」

32 回卒 栗山和宏

ぼくは、パンよりご飯が大好きでした。でも妹がいつもパンとかケーキをおみやげに持って来ます。毎日楽しみです。ぼくが好きなパンはチョコパンとドーナツパンと肉が入ったパンです。妹が作ったパンもおいしいです。パンを焼くと台所がいいにおいがします。犬のイヴもパンが大好きです。みんなで食べているとイヴもほしがります。あげるといっぱいよろこびますが、腹をこわすから少しだけです。ぼくは食べすぎてでぶになりました。今は少しだけ食べます。がっかりです。

──────────────────

「パンと僕」

32 回卒 小林憲治・幸子

僕の好きなパンは、あんパン、クリームパン、カレーパンです。テトの作るパンも食べてみたいです。きっとおいしいです。でもやっぱり僕は“こはん”が好きです。

──────────────────

「パン大好き」

32 回卒 河西美保子

私はハンバーガーのお店ではたらいています。たくさんパンがあります。レギュラーバンズ、セサミバンズ、ビッグマックバンズなどです。いろんなハンバーガー作ってます。金よう日にお昼に食べるのが楽しみです。

家では朝パンを食べてます。バターロールや食パンやホットドッグのときもあります。いちばん好きなのはホットサンドです。レタスやハムやたまごやチーズをはさんでホットサンドメーカーでやきます。とってもおいしいです。

「パンの思い出」

河西正子

クローバーの形でジャムとクリームとあんこが入っている三色パン、食パンか給食のコッペパンぐらいしか身近になかった小学生の頃、祖父母宅で買ってもらいました。それは大げさに言えば非日常のもので、本当においしくて、暖かくて、幸せな気持ちになったものでした。ふんわりとした食感と甘い匂いは50年以上たった今でも懐かしい私の思い出のパンです。

10年ほど前パン作りに挑戦しました。仲間とおしゃべりをしながら作るのは楽しく、ワクワクして出来上がりを待ったものです。「子供達のためにパンやケーキの小さなお店を作りたい」という友人達との会話がきっかけでした。結局習っただけで終わってしまいましたが…。“パン工場”を歌っていると、あの頃の心豊かなひとときが浮かんできます。笑顔で歌いましょう。

♪すっぱくて甘いクランベリーパン、紫色のブルーベリーパン…コーンパン♪

──────────────────

「パン」

34 回卒 鈴樹裕一・勝子

家では毎朝食パンを食べています。三度ごはんにするとすぐ太るので、朝パンになりました。本人はあまりパンは好きではない見たいです。パンでも調理パン菓子パンが好き見たいで、とくにウインナーが入っているとかチョコレートパンが好みのようです。月に一度位は食べますが・・・・・・。あまり食べないようにしています。今はあきらめているようで文句ひとつ言わず食パンを食べてくれています。今のミュージカルで歌っている時、もしかしたら食パン以外のパンを思い出して歌っているかも・・・・・。

──────────────────

「パンと私」

35 回卒 春日喜代志・三枝子

小さい時はお母さんといっしょに、パンダのパンやカメのパンなどを作り、楽しんでいました。でも今はパンを作ることはありません。なぜ?焼き上がると、おいしい香りにがまんができず、ついつい食べすぎて、二人ともふとってしまうからです。好きなパンはバターチーズパン。焼き立てのパン、本当においしいです!。

──────────────────

「パンと私」

35 回卒 白川優子

私は、毎朝発芽玄米パンを、八枚切りにして食べています。よくかんで食べるようにしています。そこにうすいハムをはさんだり、ブルベリージャムをつけたり、庭のゆずを手作りにしたゆずジャムをつけて食べたりしています。とてもおいしいです。

白川博子

丈夫な胃腸、体を持ったわが娘、今はダイエットに励んでいます。なるべく自然野菜を家庭菜園で作り食していますが、理想体重には、あと一歩です。

──────────────────

36 回卒 行友宏文

うたとおどり がんばります。ぼくは、カレーパンが好きです。

行友喜代子

宏文は、作業所に週1回来ていたパン屋さんから、おいしいパンを1つ、買ってくることを楽しみにしていました。今は、パン屋さんがもう1件増えて、週2日、水曜日と金曜日に買ってきます。本当に色々なパンを買ってきて、今では、主人も私も楽しみにしています。特にカレーパンは、種類が沢山あるようです。宏文が扮するテトは、カレーパンを上手に焼けるかしら?ドキドキです。

──────────────────

「パンとわたし」

38回卒  石黒真衣子・芳子

友人がパン教室に通い始め、彼女のブログにアップされた写真をみるたびに「なんともいえん。い〜いにおいだぁ」と心の中でエドの台詞をつぶやいています。ホントに焼きたてのパンのにおいは食欲をそそるけれど、テトのおしりから生まれたパンは一体…? 「やだぁ うんちみた〜い!」…いえいえ、勇気を出して食べてみたいです。

今回、私達親子にとっては2回目の小金井祭の舞台です。楽しんで、ドキドキして、会場が「なんともいえん。い〜いにおい」に満たされるような舞台になればいいな♪

──────────────────

「楽しいパン作り」

39 回卒 戸田尚幸

僕はパンを少年時代に作った事があります。母と弟たちで楽しくパンを作った事を思い出します。その時の思い出をきっかけに、ごく最近になって久しぶりに母と二人でパンを作る事にしました。役作りのためにパンを作ってみたら、とっても楽しいと感じられるようになりました。僕は、舞台でもパン作りロボットとして、みんなに楽しくておいしいパンをもっともっと作ってみたいと思っています。

戸田玲子

息子たちが幼稚園の頃、ママ友とパンを習っていました。朝早くから粉やバターを計って、こねてまるめて…イースト菌で程良く発酵したパンの生地はほんのりと甘〜い匂い。手の中でやさしく丸めていると、ぷちゅっと小さい可愛い音がして、ガスが飛び出てきます。そして焼きあがったパンはエドの言葉「何とも言えんい〜い匂い」そしてジーンの様にひと口食べたら二口。二口食べたら三口…。家に帰りさっそくパン作りに挑戦すると、なぜか半分はいつもコチコチ。それでも、「おいしいね!」と食べてくれた子供たちのパンみたいにふっくら可愛かったほっぺが忘れられません。パンはやっぱり幸せの味と匂い…!

──────────────────

「メロンパン」

39 回卒 佐藤佳代

私はメロンパンが大好きです。スーパーなどで売っているメロンパンはパサパサしていて好きではありませんが、トラックで売りに来るメロンパンが好きです。2週間に1回本川越で売っていたのですが、来なくなってしまいました。でも家の近くのベルクに、日曜日に売りに来たのです。150円が170円になっていましたが、とてもおいしいのです。バンバンと大きな音がしてパンを焼いてくれます。外はパリッとして中はふわふわです。テトのパンはおなかの中の温度設定35度Cで作ってくれるので、もっとおいしいのかなと思います。テトのパンが食べたいです。

「フランスパン」

佐藤順子

もう50年も前のことですが、私の父が出張でヨーロッパに行って朝食にフランスパンを食べ、フランスパンの美味しさに感激し、それ以来朝食はフランスパンになりました。そのころは日本にはあまり知られていなく、梅田に行かなくては買えませんでした。今もフランスパンは大好きです。いろいろなお店のフランスパンを食べましたが、一番美味しいのがなんと家から一番近いスーパーに売っているものでした。岐阜に帰省するときには父にフランスパンを買って帰ります。

──────────────────

「我が家のホームベーカリー」

39 回卒 清水志保子・美恵子

数年前、ある家電量販店のポイントが貯まり、不要不急の何かを買おうということで我が家にやってきたのが、ホームベーカリー君です。せっせと食パンやぶとうパンを作り、私たちは焼き立ての味を楽しみました。しかし、ほどなく我が家のキッチンは常時置いておくほどのスペースはなく、しまうことにしました。しばらくして、息子のお嫁さんが、パン作りをしたいと言って、又、このホームベーカリー君が活躍することになりました。今度は食パンだけでなく、メロンパンやコーンパンなど色々なパンつくりをすることになりました。お友達を招いて、ホームベーカリー君の作ったパンを食べてもらい、皆から「おいしい!!」と喜んでもらいました。そうなると嬉しいらしく、レパートリーが増えて、ますます活躍するようになりました。お嫁さんは、まだ当分、戸棚にしまうつもりはないようですので、もうしばらく、ホームベーカリー君は活躍しそうです。

ちなみに、我が家は、近くのスーパーで買ってきたパンを毎日食べています。筋金入りの和食党だった我が家が、いつのころからか、朝食はパンになり、父親はシンプルな食パン、志保子はブドウパンにチーズを乗せて。母親の私はまだ納豆が恋しくて、ご飯にしたり、パンにしたり。でも大好きな味噌汁を飲む回数が減ってきています。我が家も世の中の傾向と同じようです。

──────────────────

41 回卒 長田翔平(母)

パン・・・パン・・・パン・・・?

そう言えば・・・パン屋さんの試食コーナーに出没しすぎてお叱りを頂いたことはありましたっけ。

──────────────────

45 回卒 戸谷さほ

このミュージカルを見ると、なかまとあいじょうとたすけあいときょうりょくをかんじます。元気が出ますよ。

戸谷好秀

 「ロはロボットのロ」は歌えば歌うほど不思議に満ちています。登場人物は、変な名前ばかりです。マリリンモンローがママモンローと娘のマリリンに分かれます。ここでハリウッド映画が浮かんでヘンリー爺さんは、なぜかヘンリーフォンダを連想します。ヒロインはここに住んでいるからココです。主人公はなぜかテトです。旅でいくところはパン屋なのでイーストランドです。泥棒市場は「男は女、女は男」と変な歌を歌います。マグベスの魔女のようです。だからか、ココは強く、テトは男性のようですがあまり強そうではありません。ようするにいろいろなものが上下左右さかさまなのです。そして若竹ミュージカルそのものも人生に対するそのような正しい混乱と楽しい連想を私に与えてくれます。

 ところで、フランス語辞書では、ココは「可愛い坊や」、テトは、「頭」とあります。「先頭」という意味もあります。ココから、始めの音「あ」につながります。アッ、これでいいカネ、カネー・・・・。教えて、作者の先生?

──────────────────

「パンと私」

47 回卒 加藤彩

私はパンが大好きです。毎朝チーズはちみつトーストを焼いて食べています。今、マイブームです。「ロはロボットのロ」の歌に出てくるクランベリーパンやブルーベリーパンも今度食べたいです。今までで、はまったパンは、チョココロネとメロンパンとフレンチトーストです。木曜日は、ヘルパーさんと一緒にマクドナルドへ行ってから買い物をします。いつもチーズバーガーセットを頼んで食べます。これもマイブームです。

パンはやわらかくておいしいです。味わって食べます。


「パンの思い出」

加藤亜紀

娘の作文を読んで、懐かしく思い出されることがありました。まだ娘が小学生のころ、食事に時間がかかり、毎朝遅刻をしないように苦労していました。そんな時に、早く食べられるフレンチトーストを作ってみたところ、娘も気に入って、毎日でも飽きもせずに喜んで食べていました。そのうち食事も何とか人並みに食べられるようになり、いつの間にかフレンチトーストの出番もなくなりました。

今でもフレンチトーストというと、その当時のことが思い出されます。

──────────────────

「パンとわたし」

47 回卒 藤井佑樹

ぼくは今 若竹ミュージカルで『ロはロボットのロ』の練習をしています。11月の小金井祭で本番をやるので、練習は一生懸命にやっています。ぼくはカエルの役でゲロゲーロのセリフです。『ロはロボットのロ』の中にパンがいっぱい出てきます。ぼくはパンが大好きです。バターロールが一番好きです。やわらかくていい匂いで美味しいです。白い食パンも好きです。バターはつけないのが美味しいです。お家でみんなでパンを作りました。機械で作りました。アツアツのパンをみんなで食べました。『ロはロボットのロ』の中で、パンの小道具をみんなが持ちます。みんなが作って来ました。美味しそうです。見て下さい。

「パン」

藤井弘美

美味しそうなパン・・・と聞くと真っ先に連想するのが『アルプスの少女ハイジ』に出てきた『しろいパン』です。子供の頃バターロールの薄皮をそっとむいて白く見えるようにしハイジの気持ちになって食べたものです。家庭でパン焼き器を購入し休日に焼いてみました。香ばしいいい匂いが漂いフワフワ熱々のきつね色のパンが焼きあがりました。おお〜!と思わず歓声をあげてしまう程美味しそうでした。パンの魅力は、見ても・嗅いでも・触っても温かく気持ちを和ませ、高揚もさせてくれます。・・・そう、まるで、若竹ミュージカルのようだと感じました。

──────────────────

「パンとわたし」

49回卒  茂木季

わたしの一番好きだったパンは・・・・保育園のときに母が作ってくれた「ハリネズミ」のパンです。土曜日に持って行っていました。今も、忘れません。今、よく食べているのは、はちみつトーストです!

         



「パンとわたし」

茂木千沙

わたしの母もパンを作っていました。当時は、ガスレンジに直接置くガスオーブンでした。発酵キーなどもちろん無くて、冬はこたつの中にパン種を入れて発酵させていました。不用意にこたつに脚をつっこむと、グニャッと発酵途中のパンがつぶれてよく母に叱られました。当然のことながら、ひしゃげたカッコ悪いパンを自己責任で食べることになりました。でも、パンがオーブンの中で焼き上がってくるときのあの香ばしい香りと焼き上がったばかりのパリパリした食感は何とも幸福な気分にさせてくれました。初めて、「クロワッサン」というリッチなパンを食べたのも、母の手作りでした。世界一美味しいパンだと感動したのを覚えています。今年78歳の母は今もパンを焼いています。最新のオーブンレンジでです!わたしも、子どもたちのリクエストに合わせてでピザやコーンパンなど作ります。

──────────────────

49回卒 関千晶・久江

千晶の好きなパンはブドウパンとクリームパンです。パン焼き器で姉たちがふあふあの食パンを作ってくれました。でも最近はママは作っていません。パン作り教室にも行ったのですが、続きませんでした。でも又誰かのために「おいしい」と言ってもらえるように頑張ってみよう。(母のつぶやき)

──────────────────

「ぼくのすきなパン」

50回卒 堀内煕

ぼくのすきなパンは、ブルーベリーパンとソーセージパンです。チーズがついたソーセージパンがとくにすきです。若竹ミュージカルの中では、カエルといっしょに「ゲロゲロゲロ」とおどるところが楽しいです。

保谷のおじいちゃんとおばあちゃんに見てほしいです。

「新しい世界へ」

堀内和子

平成24年度新入団員の堀内煕(ひかる)と母です。

若竹ミュージカルが生まれた1993年生まれの煕は、幼稚部入学以来14年間、ほぼ毎回公演を観ていたファンの一人でした。そして学校を卒業して、ミュージカルの仲間になれたことは、私達親子にとって新しい世界の始まりとワクワクしています。

主人公テトを見ていると、作業所でパン作りをしている友達を思い出し、そしてそれぞれの仕事を頑張っている友達を思い出し・・・大切な人々との絆を感じさせてくれます。ミュージカルを通して「♪〜新しい希望と、新しい喜びと、新しい元気〜♪」な新しい生活に向かっていきたいと思います。私にとってパンは、まさに元気の源となりそうです。皆さま、宜しくお願いいたします。

──────────────────