2012年小金井祭公演プログラムより
Viva若竹ミュージカルPart XII
支援者

今回のテーマは「パンとわたし」

大野優子

パンというと、ごはん党の私は、なんとなく優雅な朝を思い描きます。休日の遅く起きた朝、特別でちょっと気取った感じ。

でも、イーストランドやウエストランドの人たちにとっては、毎日の、いつもと変わらない朝の風景なのでしょう。ごはん党の私がほかほかごはんを茶碗によそうとき、いつもの見慣れた風景だけれども、小さな幸せを感じる。そんな感覚と同じなのかもしれません。そんな、ほかほかした小さな幸せにみんなが包まれるといいなと思います。

──────────────────

若竹ロボットのパン

加藤富美子

 たぶん、父親ゆずりなのでしょう。小さい頃からパンが大好きな私。初めて訪れた街のパン屋さん探しが趣味です。今までで一番おいしかったのは、もう30年も前に、ザルツブルクで毎朝、焼きたてを買いにいっていたゼンメルンという小さくて皮がカリッとしたパン。一個10円ぐらいだったけど、それをサクっと横に割って、バターを塗ると、それだけで飛び切りのメニューになるのです。ずっと長い間、なかなかそれを越えるバンには出会えませんでした。ところが・・・。

若竹のみなさんと「ロはロボットのロ」に取り組むようになってから、これまで食べたことのない最高のパンといっぱい出会うようになりました。ブルーベリーパン、はちみつパン、マロンパンなど、パンロボットたちがつくるパン、そして、テトがウンウン言いながらつくるテトのパン。練習中、そのこうばしい香りで、私をどんどん幸せにしてくれた若竹ロボットたちがつくるパン。本番では、さらに極上のパンを味わえることと、とっても楽しみです!

──────────────────

「パンに成った花火? 」

根本友己

ロくでもない考えが浮かんだ。「パンと鳴った花火だ綺麗だな」の歌詞が纏い付いた。

はああああ!書くこと何もない、でパン?パン!パパッパパンと苦しんだ結果である。

ロボットが恋をするのなら、花火がパンになってもいいじゃないか!

のぞいてみよう!どんなパンか、黒い袋に入って破るとパンと音がして、色鮮やかな綿菓子みたいなパンが現れる。早く食べないと溶けてしまう。口に入れるとパチパチはじけその刺激で目から火花が出てしまう。とらえどころない魅力は若竹ミュージカルと同じ。

口(くち)から出まかせのパンであるが、食べてください。泥棒市場で売ってるって!

──────────────────

「パンとわたし」

橋本明子

このテーマでふと考えたこと…。それは、私が演じさせていただく役の魔女ノーマはパンが大嫌い!!ということ…。なぜノーマはパンが大嫌いなの…? 人には多少の(?)好き嫌いはあるものでしょうが、“パンが大嫌い!!”という人を私はあまり知りません。ソーセージやマヨネーズ、コロッケ、たまごやチーズなど、色んな具材を使って作った調理パンも、あま〜い菓子パンも大好きです☆

小腹がすいた時についつい間食してしまったり…、私にとってパンはとても身近な食べ物です。そんなパンを、ノーマは大嫌いだと言っている!本番までに、もう少しノーマの気持ちを考えてみよう!と思ったのでした。

──────────────────

「マリリン・モンローへのオマージュ」

福井晴美

息子や娘が幼い頃、私は自宅でせっせとパン作りをしていました。パン製造ロボットのテトには遥か及ばないまでも、プロ仕様のガスオーブンを駆使し、本格的なパン作りをめざしていた日々でした。今は懐かしい想い出です。

さて、今回のオペラでは、マリリン・モンローの名に因んだ人物(ママモンローやマリリン)が登場してきますが、実際にモンローの父がパン職人だったのには驚きました。このオペラの主題にも深く関わってきたであろうと思われる父の職業に続く更なる驚きはモンローの本名がノーマ・ジーン・ベイカーで、今回、「イーストランド城」の場で登場の魔女の名がノーマ、魔女の娘の名がジーンそのものだったことです。台本を書かれた鄭義信さんがモンローの大ファンで、彼女への敬意や愛情表現としてモンローをイメージさせる名前を作品の処々にちりばめられたのでしょうか?そう思うと、このオペラが今は亡きマリリン・モンローへのオマージュ作品にも私には見えてくるのです。

──────────────────

「メロンパンと私」

三輪禎子

私の大好きなパンは、メロンパン。

♪UFOに似てるメロンパン と歌われるあのメロンパンです。中でも、この秋 富良野の富田農園で求めたメロンパン。メロンジャムが入っていて、外はあのパリパリ感。食べたのが、お腹がすいていて、食べるものがなかったときですから余計おいしく食べられたのかな?それに、イメージしていたメロンパンとは全く異なりました。メロンジャムが入っているんです。そしてパンの皮はメロンの網のように切れ目が入り、パリパリです。そう書いている今もあのふんわりとした香りが漂います。口の中は、メロンジャムで♪口いっぱいの よろこび です。

──────────────────

「私が好きなのは・・・・・・」

山本正子

パンといえば給食。私が小学生の頃の給食に出たパンは、コッペパンしか思い出せない。嫌いではなかったが大きすぎて、いつもがんばって食べていたように思う。そしてウン十年たった現在、朝はパン食のことが多くなった。一年くらい前から、ライ麦や玄米などの入った白くないちょっと固めのパンを食べている。健康に良いと考えて食べ始めたのだったが、当初は食べにくくてジャムをこってりつけて食べていた。しかし最近では、ジャムなしで♪ふ?んわりやわらか・・・ではない固いパンの噛みごたえに、何故かはまっている。

──────────────────