2011小金井祭公演プログラムより
Viva若竹ミュージカルPart XI
オーケストラの仲間

ホルン:飯島友香里

『ロはロボットのロ』という演目には、今回初めて参加します。新しい演目は久しぶりで、どんな内容なのかなとドキドキしていましたが、歌も素敵で演奏するのが楽しみになってきました。パンが大好きなので、演奏中にお腹が鳴らないように気をつけたいと思います。

──────────────────

「日本語の歌詞とバイオリン」

ビオラ 猪子秀太郎

「テトのパンは“あ”…」この曲をはじめ日本語の歌詞に付けられた音楽がとても心地よい,このオペラが大好きです。日本語の歌詞って「むかーしむかし,あるところに…」みたいにリズムが不規則に変わります。この曲も2拍子,3拍子,果ては7拍子と拍子がめまぐるしく変化します。けど,バイオリンは弓を上げるか下げるかの二進法。きれいで心地よい曲なんだけど弾くのが難しい。ロボットなんだけど,柔らかくなければいけないような気がします。

──────────────────

〜『ロはロボットのロ』との出会いから1年〜

コントラバス 大串清文

この1年で、第3子「文晴」誕生。早く帰宅したいものの、今の部署も10年目となり、仕事に追われる日々・・・なかなか楽器も弾けない状態・・・若竹ミュージカルでの活動も20年近くなり、細く長く続けたいと思いつつも、細すぎてこれで良いのかと自問自答。日々の生活に、家族との時間、音楽とともにある時間を持ちたい。エピローグの歌詞“晴れた日も、曇った日も、雨の日も、悲しい時も、苦しい時も、さびしい時もやってくる。朝のあ。新しい希望と、新しい喜びと、新しい元気が、窓たたく、朝のあ。新しい朝のあ。”を信じて。

──────────────────

オーボエ 小澤耕平

昨年から家の建て替えで、すっかり楽器から離れてしまっておりましたが、ようやく落ち着いてきたので、なんとかまた若竹ミュージカルに復帰することができました。ミュージカルのオーケストラはとてもやりがいがあるのですが、今回の作品「ロはロボットのロ」、なかなか難しいです。音と言葉とが、パズルのように組み合わさります。届きたての楽譜を集中して読み込み、神経をフル回転させて毎回の練習に挑みますが、まだまだつかめていません。でも、少しずつつかんでいく過程が、一番楽しい時間でもあります。本番の舞台でも、音とリズムの変化を楽しみながら演奏したいと思います。

──────────────────

ピアノ 工藤久美

 「ロはロボットのロ」の中でお気に入りなのは、『あまくてやさしいはちみつパンのにおいがする』というテトのせりふです。やさしい音楽にのせて歌われるこのせりふは、「ロはロボットのロ」のお話にでてくるテトやママモンロー、ココをはじめ、登場人物のみんな、そして人々が必ずもっている『やさしさ、あたたかさ』をあらわしているのではないかな、と思います。観に来てくださったお客様に、「ロはロボットのロ」の音楽がもつ『やさしさ、あたたかさ』がお伝えできると良いなと思いながら演奏します。また今回、楽器の表情豊かなオーケストラの編曲で演奏できることを、とても楽しみにしています。

──────────────────

ファゴット 佐藤寛治

皆さん、今日は。ファゴットの佐藤寛治です。『ロはロボットのロ』ってイマイチピンと来ないのですが今まで公演したことのない新しい企画にチャレンジするということが大切ですね。今までの公演と違い、全くの白紙からのスタートになりますが頑張って行きましょう。

──────────────────

チェロ 島田栄子

昨年の小金井祭には残念ながら参加ができなかったので、「ロはロボットのロ」に参加するのは今回が初めてになります。若竹ミュージカルで新作に取り組むのは一体何年ぶりでしょうか。とっても久しぶりのことで、いろいろと苦労しつつ、でも皆で一から舞台を作り上げていく楽しさを感じています。またじっくりとこの演目と向き合っていきたいな、と思っています。

──────────────────

チェロ 田澤則人

早いもので今年も小金井祭の季節がやってきました。この時期になると、「ああ、もう一年経ったんだな。」と思うのと同時に、今年はいったいどんな公演になるのだろうかと期待に胸を膨らませる自分に気づきます。自分にとって、今回演奏する「ロはロボットのロ」は若竹ミュージカルに参加するようになって2つ目の作品。しかも一から作り上げていく過程をともに出来た作品です。なかなか練習に参加できないことが多かったのですが、やはり思い入れのある作品であることは間違いありません。今年も会場にいらっしゃる皆さんと素敵な時間が過ごせるよう、頑張りたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

──────────────────

ヴァイオリン 谷口晶子

1年がたつのは早いもので、今年も小金井祭の季節になりました。毎月の練習を重ね、一歩ずつ前に進む舞台の様子をみて、この「ロボットのロ」にも若竹ミュージカルらしさが出てきたなぁと感じています。オーケストラの譜面も少しずつ増え、昨年は主に歌で参加した私たちも、今年は演奏で共に参加することになりました。笑いどころがいっぱいの楽しいセリフにワクワクしながら、私もこのミュージカルを楽しみたいと思います。ちなみに、お気に入りの歌は、「テトのパンは、あ」です。なんだかちょっぴり懐かしいような、そして、明日に向かって元気が出るような、そんな曲です。この公演を通して、みなさんの心に私たちの元気が届くといいなと思っています。

──────────────────

口は谷口の口

トロンボーン 谷口良二

なぜ、パン製造ロボットが作られたのでしょうか。昔は人間自身の食べ物は、食べる本人が探していました。その後、家族や社会と生活集団が大きくなるにつれ、人間各自に役割分担がされるようになりました。小麦を育てる人。小麦粉からパンを作る人。そしてパンを食べる人。人口が増えると、多くの小麦粉を準備し、多くのパンを作らなければなりません。ところが、小麦作りやパン作りは大変な作業です。そこで、大変な作業を人間の代わりに行うロボットの開発を行いました。自らの意志で動く小麦生産ロボットやパン製造ロボットのおかげで、楽をして食べることができるようになりました。ウエストランドの人間の生活はどうなっているのでしょうか。…などということを考えながら楽しむのも一興か と。

──────────────────

クラリネット 鳴瀬潤,絵理,蓮花,優花

平成23年9月27日、わが家に新しい家族が誕生しました。またまた女の子です。名前は優花(ゆうか)にしました。今回は、残念ながらファミリーでの参加は叶いませんが、わが家の大黒柱が代表で出演しますのでお許しください。次回は、ぜひ家族4人で出演したいと思っています。長女の蓮花(れんか)は、早いものでもうすぐ小学生。たくさんの音楽に包まれて育ったおかげか、歌やダンスが好きな女の子に成長しました。『ロはロボットのロ』の音楽が流れると、自然と手拍子を始めます。次回は彼女も一緒に音楽の中に入れるといいなぁ…。

──────────────────

ヴァイオリン 蜂須健司

今回、若竹オケのメンバーとして演奏に参加させていただきます。蜂須健司です。

楽器は、ヴァイオリンを弾いています。と言っても実は、中学高校と、硬式テニス一筋で過ごしていました。なので、ヴァイオリンというものを触り、拙い音をギコギコ弾き始めたのは大学時代になります。音符を読むのもままならず、悪戦苦闘しながらヴァイオリンと向き合いました。今年4月に小学校教諭として社会人デビューしながらも、ヴァイオリンの音色を忘れたくない思いで、先輩先生の紹介で、若竹オケに参加することにしました。このような機会をいただけたことを嬉しく思います。社会人としてもヴァイオリン奏者としても、初心者ではありますが、頑張っていきたいと考えています。

──────────────────

ヴァイオリン 森永佳代

「ロはロボットのロ」私はとても気に入っています。曲は楽しく、練習が終わってもしばらくは歌が頭から離れません。登場人物は個性豊かで、テトやココの前向きさに元気をもらっています。若竹ミュージカルらしいすてきな作品と出会えたな、とうれしく思います。いよいよ「ロはロボットのロ」の公演が始まります。この作品を公演していく中で、どんな出会いがあるのか、どんなドラマが待っているのか、わくわくしています。

──────────────────

パーカッション 矢浪陽子

学校で、子どもたちとケーキを作っていた時のこと。「おいしくなぁれ」と生地をかき混ぜ、お鍋に入れて焼き上がりを待つ子どもたちの目のキラキラに、私の心はドキドキさせられっぱなし。焼き上がったケーキを「ママにあげる!」とニコニコしている姿を見て、大切な人のために何かすることの美しさを実感させられるのでした。舞台の上のテトたちを見ていると、あの輝きが重なってくることがあります。何とも愛おしい瞬間です。若竹ミュージカルを通して教わることは、私の仕事の中でもたくさん生きています。今日の舞台からも、みんなの心の中に息づく大切なものがきっと生まれてくると信じています。

──────────────────

パーカッション 吉田久恵

若竹ではいつもいろいろなことを学ばせていただいています。毎回の練習で役者さんや裏方さんが一生懸命動いているのを見て、良い音を出さなくてはと身がしまります。 そして本番では、素敵なアドリブが楽しみです。