2011小金井祭公演プログラムより
Viva若竹ミュージカルPart XI
卒業生と保護者

「今思っていること」

21 回卒 植田久

僕は今度オペラ『ロはロボットのロ』と言うミュージカルでココの父親エドをやります。まさかオペラをやるなんて思ってもいなかったです。パンの材料もなく悩んでいるエド。溜息ばかりついているエド、パン屋を渡そうと考えているエド、テトを助けるため魔女ノーマに勇敢に立ち向かうエドとココ。ぼくはそんなココとエドが大好きです。本番ではみなさんに感動をあたえるエドをやりたいと思います。

植田千代子

『ロはロボットのロ』昨年の小金井祭の公演から1年。3月のあの震災以来、落ち着かない半年の間、余震におびやかされながらも、地道な活動を続け厳しい環境と付き合ってきましたが、8月には韓国済州島行きにも参加させて頂け、事故もなく無事で皆さんとご一緒できたこと感謝でした。この度は完成版としての公演の第1歩、練習回数も少ない中、役柄もすっかり変わったところで、どんなステキな展開があることか、大いに楽しみふくらむところです。たまに練習光景を見させていただき、以前に比べると、皆さんがとても落ちついて来られているのに感心! やっぱり後輩の方が入ってこられたおかげでしょうね。

──────────────────

25回卒 小林竜一


楽しいオペラに向かって

小林美沙子

これまでは有名なミュージカルを練習してきました。今回はオペラ?物語も、音楽も新しく、わからないことばかり。難しそう、楽しいかしら?と心配でしたが。本人は毎回、楽しそうに参加し、「今日は○○くんの歌が良かった」「面白いところがたくさんあるんだ」など楽しい練習風景を楽しそうに話してくれていました。配役の名前(テト、ココ、シオンなど)を覚えるのが難しいようでしたが、繰り返し、繰り返し、台本を見て認識していました。

少しずつ皆で作っていくその過程が本当に楽しいようです。どんなオペラが出来上がったのか、まだ観ていませんが、息子が話していたところを確かめながら観る本番が楽しみです。

──────────────────

『ロはロボットのロ』

25 回卒 田口雅之

カエルのシオンはおもしろいのでがんばります。

田口みどり

この作品は、歌が苦手な雅之にはとても難しいようです。家でCDを聞くだけでセリフは「おぼえた」との事で少々不安に思っておりましたが、作業所の休み時間に「ミュージカルのセリフを練習をしていました」との連絡を受け驚きました。出来はどうなるか解りませんが、本人にまかせて良かったかな・・・・と思っています。素晴らしい作品になる様祈っております。

──────────────────

25 回卒 木村智子

はじめて台本を見たとき登場人物の名前がおもしろくてどんなお話なのかなぁと思いました。どろぼう市場とかカエルも出てきて練習の時もいつもより笑い声が多くてとっても楽しかったです。練習が始まる前に自分の好きなパンを作ってくることになりました。私は白い布で大好きな「ハイジの白いパン」を作りました。みんなもメロンパンやホットドッグ、クロワッサンなど美味しそうなパンを作ってきました。その後お母さん達がみんなの目の前で本当にパンを焼いて食べさせてくれました。ロボットのテトの「たった一つできること、得意なこと」・・それはパンを作ることのお話です。私はテトの友達のココ役です、高い声が出るように頑張ります。

木村希代子

どこからともなくただよってくる木犀の甘い香りに、今年もまた小金井祭〜若竹ミュージカルの公演が近づいてきたなぁと、そわそわしてきます。以前は木犀の香りに決まって小学生当時の運動会あれこれを懐かしく思い出したものでしたが・・今年は特別です。いつも以上に緊張でドキドキです。それは20年近く続けてきたブロードウェイ版のミュージカルでなく、な・なんと!「オ・ペ・ラ」!!それも萩 京子さん作のオリジナル!「ロはロボットのロ」の記念すべき初演だからです。今年は我々の映画「空想劇場?若竹ミュージカル物語?」もできました。山口 薫先生のお骨折りで韓国でのアジア知的障害会議の席上で上映され栄えある星槎賞を受賞、授賞式には我々の代表たちも出席したということで今まで以上にみんなやる気満々です。我々の活動が国際的にも認められたということは素晴らしく誇らしい気持ちでいっぱいです。

──────────────────

テトさんにおねがい

25 回卒 近藤さと子

私のすきなパンは、タマゴのサンドウィッチとコロッケパンとカレーパンです。あまいパンは、きらいです。テトさん、私のすきなパンをつくって下さい。おねがいします。

ミュージカルでなくてオペラ

近藤和子

今回の『ロはロボットのロ』はとても難しいです。韓国の舞台ではじめて歌いましたが、皆さんの美しい声にうっとり聞きながら口パクで立っておりました。18年の積み重ねでしょうか、さと子も初めての知らない難しい歌が歌えるようになりました。まだ1年目のこのオペラがこれからもっと素晴らしい公演になるのが、楽しみです。

──────────────────

『ロはロボットのロ』

27回卒  上田徹

ロボットが好きになり、新しい歌を歌えるようにがんばります。大勢の観客の中から、お友達や知り合いの方を見つけることです。

上田恭子

新しい演目『ロはロボットのロ』で歌う曲は、どれも楽しくて引き込まれていきます。メンバーの皆さんと一緒に元気良く、歌っていきたいと思います。ロボットとは、辞書によれば、人間に類似した動きや形態をもち、複雑な動作を自動的に行う装置とか。しかし、そのロボットの心情は、人間から付与されるものです。我家には、AIBO(アイボ)という犬ロボットがいます。挨拶をします。嬉しいとしっぽを振ります。ダンスやボール遊びもします。名前は「アボちゃん」と言います。アボちゃんは、視聴覚センサーを備えていて、人間からの接し方に応じて反応してくれます。でも今は、押入れの中で10年近く眠っています。「ぼくはロボットです」、「パン工場」、「テトのパンはあ」、「新しい朝」等を歌っていると、押入れの中から、アボちゃんが「ここから出して遊んでほしい」と言っているように聞こえ、忘れかけていた我家の犬ロボットが久し振りに蘇ってきました。新たに家族が増えることになるのかな?

──────────────────

私もテトのように

27 回卒 小野寺邦江

私はいつもお母さんとミュージカルの歌をうたいながらお買い物に行ったり、いろいろなことをします。「♪たった一つ誰よりも胸をはれること、それは食べること」といってお母さんが笑います。お母さんは何かわからないことがあると「♪私にはさっぱりわからないよ」と歌って二人で笑います。楽しい歌や、テトが一人旅でこわいことや淋しいことがあっても頑張って歩いて行く歌や、好きな歌がたくさんあります。私もテトのように町の人を頑張ります。私たちの映画に私も映っていてうれしいです。映画を見て下さい。今日も公演を見に来て下さりありがとうございます。

公演出来ることに感謝して

小野寺惠江

東日本大震災また台風による被害と大きな災害続きでした。被災された多くの方々が今も大変な思いをされている時、こうして公演させて頂ける幸せに感謝致します。若竹ミュージカルも19年目になります。長く続けて来られましたのも応援して下さる皆様のお陰です。今年は若竹ミュージカルにとって二つの大きな喜びがありました。ドキュメンタリー映画が完成したこと。アジア知的障害会議にて上映され、日頃の私たちの活動とこの映画製作に関してせいさ賞という素晴らしい賞を頂くことが出来ました。これらはご支援して下さる皆様総ての方々と共に頂いたものと思い感謝申し上げます。これからも親子でお世話になります。今後ともよろしくお願い申し上げます。

──────────────────

イーストランドの市場   

 近藤由紀子

このオペラに出てくるイーストランドの市場は、どんな所なのでしょうか。朝市? 青空市場? 皆それぞれイメージする所は違うと思いますが、市場と云うと私は、イスタンブールのグランドバザールを思い出します。市場に入る門がいくつもあって、中は迷い子になってしまうくらい広く、お店が一杯です。メインストリートには、きらめく宝石店がずらりと並んでいます。路地に入るとアメ横みたい。日本語の上手なトルコの青年に、「あ! 落としたよ」と呼び止められます。慌てて振り返ってみても、何も落ちていない! 人懐っこい顔が笑っています。そんな情景を思い出しながら、この場面では、はじけて妖しく歌ってみたいと思っています。

──────────────────

27 回卒 鈴木真奈

ココは、パン職人の娘。テトは何故ロボットなんだろう? 人間だと思っていたのに。私は、テトが大好きです。ココの役を楽しく演じたいと思います。

鈴木文雄

今回は、オペラの公演で、なんだかレベルが一段と上がった思いで、緊張気味です。今までのミュージカルと感じが違って、全てを歌で表現して行くのは、私たちにとっては、初めての経験です。新しい演目のロボットの1人となり、バックコーラス隊員の一人として、後ろから子供たちの演技を見守って行きたいと思います。 どうか、新しい演目に挑戦して行く子供たちの真剣な演技にご注目下さい。

──────────────────

踊るの大好き

27回卒 盛生正子

・お母さんの病気が治ったので一緒に出られて

 うれしいです。

・歌はとっても難しいです。セリフの「いらっ

 しゃいませ」とダンスをがんばります。

テトと私の人生はイコール

盛生桂子

新しい希望と喜びと元気がやっときました。私は約3年近く闘病生活を送り、その間2回の大きな手術を、そして車椅子生活となりました。テトが得意とするパンが作れなくなったのと同様、私の人生の中で最悪の事態になりました。でも病気に負けてはいられません。今度の舞台には絶対に出演すると心の中で決めました。厳しく苦しいリハビリに耐え、現在は杖なしで歩けるまでに回復しました。何よりも誰よりもミュージカルのお仲間達のお見舞いや励ましがあったからこそです。そして良い医師に巡り会えた事だと思います。これからは私の出来る事をしてお返しをしてきたいと思っています。それは笑顔と演歌を歌うこと、お話し(悩み事)を聞いて差し上げる事位かな・・・・・?テトもきっとドリトル博士に直してもらい、また沢山のパンを作って皆を幸福にしてくれる事でしょう!!私もテトも新しい命をいただいて、たった一度しかない人生一日一日を大切に前を向いて歩いて行こう、そして輝いて生きて行こう!!学芸の森・あやめホールの公演では、幸せをかみしめながら歌います。聞いて下さい。「皆さん、本当にありがとう!!」感謝。

──────────────────

金貸しのマニーです

30 回卒 伊藤公一

僕は金貸しのマニーをやります。マニーはエドとココの家にお金を取りにいき、お金がないのに無理にとろうとします。本当の僕はいやな気分です。おもしろくやれって先生にいわれて困ります。ココの家を火事にさせて悪いです。絶対にいけないです。テトに助けて貰ったのに火をつけたのをテトのせいにしたり、うそつきです。マニーはすごい悪い人間です。僕がその役をやります。いやな役です。心が痛いです。むずかしいです。最後にまほうがとけて蛙にもどるのも、ちょっといやな気分です。はじめてのいやなことをがんばります。

コッペパンと脱脂粉乳から想いを深めて・・・

伊藤敬子

「古稀のお祝いをしよう」と中学時代のクラスメートからの便り。戦後の混乱と食糧事情の悪い中で、命を繋ぐための給食がはじめられ「ララ物資」の脱脂粉乳とコッペパンと言う同じ釜のパンを一緒に食べた仲間達からです。銀リスマーガリンに苺ジャムと称する赤いリンゴジャムの大きなコッペパンを完食するのは難しく、何時も半分は兄弟の多い友人の鞄にそっと忍ばせたものでした。お弁当を持ってこられない人も多く、食べたくても物のない時代を過ごし、お米はお百姓さんが八十八もの手と目をかけて育てた物だから一粒も無駄にしてはいけない、目が潰れると言い聞かされ、食べ物の有り難さを知る私たちは、御飯をゴミに捨て、賞味期限切れと、何の支障もない食べ物を捨てることは耐え難い事です。もったいない精神に反する苦悩と苦痛の伴う日々です。大きな災害を体験した今だからこそ、まだ世界には飢えに苦しむ人が居ることも心して「食」を真剣に考えたいと、コッペパンから想いを深めるのです。

──────────────────

メロンパン

30 回卒 清野友規

ぼくはメロンパンが大好きです。テトの作ったメロンパンを食べたいです。キッとすごくおいしいでしょう。舞台ではお母さんがフェルトで作ったメロンパンを持って、歌います。

ドリトル博士の言葉

清野三千子

このオペラの登場人物の中で私が一番心を捉えられた人物はドリトル博士です。ロボット“テト”の生みの親である博士は、壊れたテトの修理をココから依頼された時、“人間が科学を悪く使いおるから、もうロボットを作ったり、直したりしないと決めたんじゃ”と断ります。昨年、このオペラに取り組み始めた時、私はこの言葉に心を強く揺さぶられ、考えさせられていました。

そして、また“みんなを幸福にするパンを焼くテトを直すことは、みんなを幸福にすることだ”というココの言葉に説得され、テトの修理を試みる気持ちになったドリトル博士の心の変化に、博士の温かい魅力ある人間性をも感じていました。

今年3月、日本は思いがけない東日本大震災と原発事故に見舞われました。被災地の一日も早い復興を祈る私の中に、人間は科学の力を過信することなく、適正に使わなければならないということを示唆したドリトル博士の言葉が浮かび、心に重くのし掛かってきたのです。

ドリトル博士だったら、大変な状況にある現在の日本の進むべき方向性をどのように示すであろうかと考えさせられている昨今です。

このオペラには他にも沢山の素敵な言葉が溢れています。今日はお楽しみ頂けましたら幸いです。

──────────────────

似ているかな!!

31 回卒 相磯岳史

『ロはロボットのロ』のテトはパン作りが得意、ぼくはパンは作れない。でもアニメは大好きで、頭の中はアニメでいっぱい。テトは故障から復帰して頑張ってパンを作る。ぼくも命のある限り一生懸命生きたいと頑張っています。ぼくはテトと同じかな?

ロボット

相磯君絵

ロボットというと映画の中で見る物、そして鉄の堅い動きもゴツゴツした感じのイメージが強かった。今回のオペラ『ロはロボットのロ』の台本を手にしたときは、どのように表現するのか少し不安もありました。歌も私にはむずかしい。歌詞は先々忘れる方が早い・・・・。これは年齢かな!!と思いながらも『ロはロボットのロ』のCDを聴いたり練習に参加し回数を重ねる毎にだんだん楽しい気持ちになり引き込まれてしまうのは私だけでしょうか?とても良いミュージカルになって皆さまに喜んでもらえると嬉しいね。みんなで頑張りましょう。

──────────────────

「ぼくはゲロゲロかえるです」

31 回卒 小島諭

ぼくはこんどの『ロはロボットのロ』でシオンをやります。ほんとうは、シオンは王様や大臣です。でも、ま女にまほうをかけられて「かえる」になっています。だから「ゲロゲロ」といいます。まほうがとけたらせりふをいいます。

「市場の人」

小島訓子

今回のオペラ『ロはロボットのロ』の中で、気になっているのは“どろぼう市場”のシーンです。難しい和音と私にとって高すぎる音域で「ちゃんと歌えるかしら?なんだか妖しげな市場が表現出来るかしら?」と心配はつきないのですが、去年より肝っ玉がすわったというか(本当は開き直ったのかな?)、「お客様と一緒に私たちも楽しもう!!」という気持ちになって、今は「衣裳をどうしようかな?どんなパフォーマンスをしようかな?、音ははずしても衣裳や演技でカバーしよう!!」と楽しく悩んでいます。どうかこの場面は聞き耳を立てないで、しっかり目を見開いて市場の人達の演技でお腹を抱えて笑って下さい。でも本当は、このシーンはテトとココの出会いがある大事な場面なのです。

──────────────────

パン作りロボット

31 回卒 坂井智明

私は、パン作りロボットのテトです。いろいろなパンを作ります。

我が家でもお母さんがパンを作ってくれます。アンパンやブドウパンそしてくるみパン、それからピザもつくります。とてもおいしいです。パン作りロボットがうちにもいたらいいな。お母さんがらくになるから。

おとぎ話しの世界

坂井照子

何とも楽しい、不思議な物語、オペラ『ロはロボットのロ』。いろいろなシーンがある中で、とりわけイーストランド城でのシーンは魔女ノーマがみるみるふくれあがってついにパンと破裂します。夢をふくらませて、想像して頭の中に絵を描いてパッとひらめいて服を作ったり、何だかこの頃ロボットのテトの世界に夢中です。

──────────────────

<僕もテトです>

31 回卒 藤江真二郎

テトの練習は始まったばかりです。テトは5人いますが、歌をしっかり歌います。

<カエル・かえる・蛙>

藤江もと子

今回も衣装を担当することになりました。前回はロボットで悩んだのですが、今回の悩みはカエルの衣装。カエルの頭は、目玉は、手はどんなだったかしらと、あの暑かった夏の間もずっとカエルが頭を離れず、そんな私に同情したのかとうとう我が家の庭に大きな「土蛙」が現れて、モデルを務めてくれました。でも土蛙というだけあって色は土色。このオペラに出てくるカエルさんたちはやっぱり美しいミドリ色をしていなくっちゃね。ところで、このカエルさんたちは”ただの蛙”ではないのですよ。言いたいことがあっても出てくる声は「ゲロゲロ」ばかり----可哀想なカエルさん。でも最後に良いことがあるからご心配なく。

お話も、苦心の衣装も、それは見てのお楽しみ

──────────────────

新演目

31 回卒 小林美保

私は“どろぼう市場の人”で出て来ます。セリフをはっきりと言います。みんなのいしょうも注目して楽しんでください。

小林春江

『ロボットのテト』は苦手なことを数えるのに両手両足の指を使っても足りないと言う。でも、たった一つだけ『得意なもの』があるという。それは『パンを作ること』一つで良い得意なものがあることは羨ましい。パン焼きのにおい、大好きです。おいしいパンをたくさん作って食べさせてくださいね。私は「得意なもの」など、隠れていて見つけられないが、今は「家庭菜園で野菜を作ること」 やりがいがあって面白いです。

──────────────────

「パンが好きです」

31 回卒 谷山いづみ

私はパンが大好きです。

一番好きなパンはチーズバーガーです。

「パン工場」の歌では、いろいろなパンがでてきて歌っていると楽しくなります。

谷山洋子

我が家は娘も私もパンが好きで、よく食べます。私の子供の頃、近所の製造販売をしているパン屋さんで、出来たてのコッペパンにピーナッツクリームやジャムをはさんでもらうのが楽しみなものでした。今も近くに昭和25年からやっているというパン屋さんがあり、昔懐かしいしっとりとした生地のアンパンやコロッケパンがとても美味しいのです。「ロはロボットのロ」の歌の「パン工場」では、パンロボットになりきって、美味しいパンが出来ます様にと思いながら楽しく歌っております。

──────────────────

「テトとパン」

32 回卒 栗山和宏

ぼくはテト役です。テトはパンを作るロボットです。テトはご飯を食べないのに一生懸命働いてパンを作ります。いろいろなパンを作ります。ロボットなのにやさしいロボットです。町の人を助けていいロボットです。家でも妹がパンを作ります。おいしいです。ぼくはチョコパンが好きです。ぼくはパンとご飯だったら、ご飯が好きです。

──────────────────

『ロはロボットのロ』

32 回卒 小林憲治・幸子

僕は今度のミュージカルで、市場の人の役をします。“どろぼう市場”で「いらっしゃい、いらっしゃい!」とはじめに元気よく言います。毎日CDをかけて練習しています。とても楽しいです。舞台、がんばります。

──────────────────

コ コ

32 回卒 河西美保子

テトもママモンローもすきだけど、ココがいちばんすきです。テトをたすけたり、お父さんといっしょにパンを作ったり、お母さんがいなくても元気なココ。テトのことをおもってうたったココのアリアがすてきです。火事の時ココがテトにたすけられてよかったです。うれしかったです。

あやしい魅力

河西正子

どの登場人物も素敵です。それぞれに味がありやさしくて思いやりや勇気があります。その中で私が惹かれるのは、テトとココが出会った場所「イーストランドの市場」の人達です。賑やかで雑然とした場面から以前行ったいろいろな市場を思い出しました。築地市場、アメ横、各地の朝市、そしてチェジュ島の東門市場などなど、活気があり人混みの中で肩がぶつかりながらあれこれ眺め、珍しいものに見とれ、楽しくて時間がたつのも忘れたものでした。「どろぼう市場」みたいなちょっといいかげんであやしい雰囲気が結構好きです。人を惑わし「だまされる方が悪いのよねー」と言うたくましさに魅力を感じてしまうのです。

──────────────────

『ロはロボットのロ』

34 回卒 鈴樹裕一・勝子

今までやってきたミュージカルとちがう感じがしました。何かむずかしいミュージカルの気がしました。がミュージカルが大好きでやっているので役はなんでも良く舞台に立つ事が好きです。仕事もやめ今は作業所に行っていますがミュージカルがあるから僕はなんでもがんばれています。大好きなミュージカルです。役人を今回はやっていますがとても楽しいです。セリフもがんばります。

──────────────────

35 回卒 春日喜代志

「ロはロボットのロ」でテトになります。ひとりで歌もうたいます。タンゴのダンスも踊ります。がんばります。

春日三枝子

今回は台詞が何回かあります。貴代志は会話が苦手なので心配です。

──────────────────

35 回卒 白川優子

ミュージカルで、歌やダンスをしたり、朝の会でリレートークでいろんな話をします。そして公演で、いろんな所へ行くのがたのしいです。

白川博子

生涯学習として、子どもと共に歩んでいる親のつもりでいるのですが、今回はミュージカルから、オペラという、私としてはとても無理難題で、かまえていましたが、子どもの方は、本当に理解しているかはともあれ、積極的で、まあいいか、人生をたのしもう。

──────────────────

36 回卒 行友宏文

役人好きです。楽しいです。頑張ります。

行友喜代子

私は、パンが大好きです。毎朝食べますが、さらに、おやつに戴くことも多いです。宏文は、毎週、作業所に来るパン屋さんから、いろいろなパンを一つずつ買ってきます。今は、それも、私の楽しみの一つです。テトの作るパンは、愛情がこもっていて、本当においしいのでしょう。私も一度、食べてみたいな。

──────────────────

「パン」と「あ」

38回卒  石黒真衣子・芳子

卒業から11年目の今年、母子揃って若竹ミュージカルの初舞台となりました。音楽は好きだけれど若竹ミュージカルは遠い存在に思えていたのです。(何故かって? え〜それはヒミツで〜す)

でも、こんにゃく座のオペラはおもしろそうだし、休日の過ごし方もマンネリ化しているし、とにかく見学だけでもと参加した6月の練習日から今日までの早かったこと!

ちなみに真衣子のひいおじいちゃんはパン職人でした。真衣子が生まれるずっと前に亡くなっていましたが、私が子供の頃には、おじいちゃんの家に行くと奥のパン工場からの匂いがいっぱいでした。クランベリーパンやブリオッシュなんておしゃれなパンはなかったけれど、歌っていると思い出します。(コッペパンやツィストパン?)言葉の数が少ない真衣子ですが「パン」と「あ」は、しっかり歌えるんです☆

──────────────────

パン製造ロボットについて

39 回卒 戸田尚幸

ぼくが考えるパン製造ロボットは、パン職人達にとって、助っ人のようであり良きパートナーでもある存在です。パンを作るために誕生したロボット達はオーブンを使うわけでもなく気合だけでパンを焼いているのです。この物語では、パン職人達や町のみんなに幸せを与えるなんてまるで魔法みたいですね。僕が演じたいパン製造ロボットは、焼きたてのパンのように暖かい気持ちをもった、心優しい、曲がった事が大嫌いなロボットです。

わがままなお后ジーン

戸田玲子

ジーンは、何とも身勝手で我儘な女の子。魔法で王様の后になったのに王様をカエル変え、あっちへお行き!と蹴飛ばし、マニーに命じて罪もないココを…。でも、テトのパンの美味しさがわかるのだから、本当は何かあったか〜い優しいものが欲しかったのかな…。だけど舞台の上では思いきりだだをこねて、みんなをいじめまくるぞ〜。(神様お許しを!)

──────────────────

ココになれて

39 回卒 佐藤佳代

私は、今回オーディションを受けて希望どおりココになりました。セリフは全部覚えました。広井先生から自分のセリフだけでなく他の人のセリフも覚えるように言われ、他の人のセリフも覚えています。

今回、歌もやるのでCDを聴きながら毎晩家で練習しています。ココは初めの頃、男の子の様に乱暴な言葉を使っていて、そのようにはなかなか言えませんでした。途中から優しいココになってかわいく言えるようになりました。11月3日の小金井祭、11月26日の南アルプス公演では練習で学んできた事を思い出してオペラ『ロはロボットのロ』を成功させお客様に見て頂きたいと思います。

ロボットテト

佐藤順子

今回の公演はオペラということで、ついていけるかしらと心配していました。ところが毎晩CDを聴き、頭の中はオペラ『ロはロボットのロ』の事でいっぱい。今まで家では全く練習などしなかったのに、夢中になって練習している姿にびっくり!初めてオペラに挑戦する事と無機質なロボットに優しい感情があることに魅力を感じたのでしょう。

 我が家にもテトの様なロボットがいたらと思うけれど、オペラ『ロはロボットのロ』のストーリーは人間の欲を戒める内容でしたね。反省反省。

──────────────────

衣 装

39 回卒 清水志保子・美恵子

「ロはロボットのロ」の2年目の上演です。昨年の公演では特別な衣装を使わなかった役にも、今年はそれぞれの衣装が加わり割り振られることになりました。

さあ、自分たちの衣装は自分たちで決めなくてはなりません。正確には、中心的な役割の人の衣装は衣装係りの方達(と言ってもプロの方ではなく保護者なんでよ)が考案し作成した、誠に役にマッチした素敵な衣装が割り当てられますが、私達は、衣装係りの方達の指導を受けながら、親子でそれらしい衣装を作ったり選んだりの作業をしなければなりません。

ある日、衣装の検討会が開かれました。あらかじめ、使いたい衣類や装飾品を持ち寄りましょうとの連絡があり、みな、思い思いに手持ちのものや、買い置いたものを持ち寄りました。架空の国の物語なものですから、どんな地方?時代は?皆喧々諤々。これでは地味でしょ。いや派手過ぎでしょ。バラバラ過ぎじゃない?こんな時100円ショップが大活躍です。でも、思いはひとつです。子供たちが衣装を着たら、「さあ、お客様に楽しんで観ていただける舞台にしよう!」と気合が入るようなそんな素敵な衣装にしたいと思っているのです。その、出来栄えはいかに!お楽しみいただけますでしょうか。

──────────────────

41 回卒 長田翔平(母)

練習での空気感とCDを聴くことで、じっくり時間をかけて取り込み中と見受けられます。本人なりの微妙な表現はそこここに見られますが、それを皆さまにお伝えできるかどうかは不明です。

──────────────────

45 回卒 戸谷さほ

二つの役をやります。私の父が歌っているときに、私が「にげろ」と言います。そして、どろぼう市場では「いくら持ってる?」と言います。みなさん見に来て下さってありがとう!

戸谷好秀

ヘンリー爺さんです。若いと思っている爺さんが爺さんの役をいただくと、こういう気分になるということを実感する毎日です。ところで、この爺さん最初にえらそうに出てくるだけです。でも、物語の先行きを示すことばを歌います。あまり、いい爺さんでもなさそうで、といって悪い爺さんでもないようです。そんなロボットを、正直な私が、演ずることができるでしょうか?歌も難しいし、途中で倒れたら、ご容赦ください。

──────────────────

「テト」

47 回卒 加藤彩

テトはパンを作ることが得意です。できたての焼きたてのふんわりした柔らかいパンです。香ばしくてとてもおいしいパンです。テトは愛情を持っています。だからおいしいです。私は、セリフをがんばっています。歌もちゃんと歌っています。ミュージカルは楽しいです。

加藤亜紀

新しい演目になり、時々自分から進んでCDを聴いている姿を見て、本人なりに頑張っているようです。今はロボットと人間の違いがまだよくわからないようですが、これから練習を重ねていくことで少しずつ理解していくことと期待しています。どんな作品になるのか、とても楽しみです。

──────────────────

『ロはロボットのロ』

47 回卒 藤井佑樹

ぼくはこの作品で、去年はテトの役をやりました。ぼくのおなかの中でのテトです。最初は、スタートから「チン」までやりました。テトの「う?ん、う?ん」から「チン」「完了、食べて!」をしました。次にみんなが食べてるパンを上に上げて、手を振りました。今年はシオン役で「ゲロ、ゲロ、ゲロ」を頑張っていきます。シオンのダンスがみどころです。ダンスのポイントは左手と右手の両方の手がうごくところです。ぼくは今年もテトの役をやりたかったけれどもオーディションで落ちてしまいました。残念です。もうひとつ残念なのは、附属の輪カーニバルが地震でできなくなってしまった事です。練習を一生懸命頑張ると、どんどん上手くなっていくので、頑張ります。シオンの役でのかえるを見てください。王様かえるもびしびし頑張ります。

♪ぼくはロボットです♪

「生きる喜び 若竹ミュージカル」

藤井弘美

練習に行く時、帰って来て、佑樹はとてもいきいきと幸せそうです。大好きな音楽と頼もしい先輩方、指導者の先生方・・・・・。打ち込める活動がある事が人生を豊にするのだなぁと感じています。私もお母様方のパワーを頂いております。若竹ミュージカル、素晴らしいです。

──────────────────

「初めてのミュージカル」

49回卒  茂木季

初めてのミュージカル。練習に出るのが楽しみです。セリフも歌もちゃんと覚えました。本番はがんばりたいです!!あと、オーケストラとあわせるのもとっても楽しいです!

「新米なのに・・」

茂木千沙

 新米なのに、セリフをもらえて本当に光栄です。歯列矯正をしているので滑舌が悪く今一はっきりしませんが、本人なりに、気持ちを入れて演技しているようです。まさか、自分の娘がミュージカル女優としてデビューできるなんて・・感慨無量です。まだ、ストーリーが理解できていませんが、小金井祭で全貌が明らかになるのでしょうね・・・・楽しみです。

──────────────────

『ロはロボットのロ』

49回卒 関千晶

オペラはたのしいです。わたしはうたをじょうずになりたいので、おねがいします。私はせりふをすぐにおぼえました。これからは「♪ぼくのおなかの中」ではパンをしっかりもって、手をあげて、これはじょうずになりたいです。くどうせんせいのまねっこもしたいです。

関久江

何もわからず、あこがれだけでの入部。その度にわくわくしながらの参加でした。千晶は体力不足で「もう少し頑張って!!」とはっぱをかける時もありました。本人はマイペースでしたが練習日をカレンダーに付けて楽しみにしていました。セリフを何度も言ったり、CDを聞いたりして、生活の一部となりました。今回の公演が初めての参加、学校の発表会とはちがう空気を感じる事と思います。親子共々ドキドキ、不安もいっぱいです。迷惑にならない様、頑張ります。