2011小金井祭公演プログラムより
Viva若竹ミュージカルPart XI
支援者

文句も言わず、いつでも一生懸命!

大野優子

 テトは毎日、365日パンを作り続けます。文句も言わず、わがままも言わず、毎日一人で1000個のパンを作ります。しかも、それが全然つらくない、苦しくない。むしろ喜びと誇りをもって毎日仕事に励んでいる。そんなテトが好きです。ひたむきにひとつのことをやり続ける、そんなふうに生きていきたいなあと思います。

──────────────────

神野由布樹

♪たった1つ得意なこと

たった1つ自慢なこと

たった1つ誰よりも胸をはれること

それはパンづくり

楽しいパンづくり♪

テトが歌うこの歌を聴くと、私は胸がいっぱいになります。歌が好きで集まった若竹メンバーのみなさんと、テトを重ねながら聴いているからかもしれません。1つ得意なこと、胸を張れる好きなことがあることが、どんなに生きていくうえで心強いことか!!私も、たった1つ、得意なことをみつけたい!テトとたった1つの好きなこと探しの、旅に出たいと思います。

──────────────────

もっともっと大切な歌の力

加藤富美子

このお話のなかで、テトは、大好きなパン作りよりもっともっと好きなものを見つけます。私も若竹ミュージカルで「ロはロボットのロ」を一緒につくっていくなかで、ただきれいに歌うことより、もっともっと大切な歌の力をたくさん見つけています。

その一つは、3月の大震災の後、みんなで震災について語り合った後に歌った、「テトのパンはア」です。若竹からの祈りに満ちた「新しい希望、新しい喜び、新しい元気」の歌は、とても大きな力をもち、遠く東北の方々の、そして私たちみんなの心の奥深くに届けられたと思いました。

そしてもう一つは、配役決めオーディションでの歌声です。テト、ココからママモンローまで、そして卒業生から保護者、支援者の方々まで。その役を演じることへのひたむきな情熱と一緒になって、一人ひとりの方々のすばらしさが歌の力を通して立ちのぼってくることに強く胸を打たれました。

今日の公演でも、たくさんの「もっともっと大切な」歌の力を見つけていただけることでしょう。

──────────────────

鈴木千夏

新しく引っ越した家は、なんと、パン屋さんの裏。

朝早くから、夜遅くまで、ずっとパンを焼いている『パン工場』のようなパン屋さんです。なので、私の家では、朝早くから夜遅くまで、ずっとパンを焼くいい香りがしていて、「いま、何のパンを焼いてるのかな?」「テトやパン工場の仲間たちのように、パンの生地を丸めたり、たたいたりしているのかな?」と楽しい想像を毎日しています。今日の舞台では、どんなパンができあがるのかな? 毎回、練習の度に、わくわくしています

──────────────────

『テト』

関谷良美

テトはココに出会ったとき『とびきりのはちみつパンの、甘くて優しいにおいがする。』といいます。ロボットににおいがわかる?私のロボットのイメージとちょっと違ったテトですが、テトが作るパンのにおいを私も嗅ぎたいと、鼻をくんくんさせながら練習しました。このミュージカルはたくさんの『におい』が隠れています。その中でも、私が好きな『におい』ココとの別れ際、テトがココの頬に触れて言う『花捲』。きっとやわらかくて、素朴な甘い香りがして、しっとりとしてるんだろうな。いろんな感情や感動が、『におい』となって、本当に香ってくるような気持ちになります。季節のにおい、田舎のにおい、大好きな人のにおい、再発見です

──────────────────

イはいろんなことのイ

根本友己

たしもいろんな苦手なことがあります。テトは苦手なことを数え、これにより得意で好きなことはパン作りであると自分の存在をアピールします。

えって数えることで苦手なことを意識する私は数えるよりも、いろんな好きなことを増やしたいです。下手の横好きと言われようと。

だ、たったひとつ自信をもつことが、他のこともでき、いろんなことが好きになることも事実で大事にしたい観点です。パンづくりから、人を思い、勇気づけるテトのように。

っかとしての得意なことだけでなく、人それぞれにいろいろ好きなことを深めたり、増やしたりすること。そしてそれを続け過程を楽しみたい。この若竹ミュージカルのように。

──────────────────

「魔女ノーマ」

橋本明子

 パンやロボットが大嫌いで、お金が大好き!雰囲気はいかにも悪者!!という印象の魔女ノーマ。でもよくよく言っていることを聞いてみると… 「ふむふむ、確かにその通り。」と思える一面もある魔女ノーマ★ 迫力満点で怖〜いのも確かですが、知っていくうちに段々と憎めなくなってくるのですネ。悪役だけど、悪役じゃない!?そんなふうに思っています♪。『ロはロボットのロ』には、ステキな登場人物達がたくさん出てきますが、こ〜んな魔女ノーマ、私はけっこう好きです(笑)

──────────────────

『600万イーストランド金貨は日本円でいくら?』

福井滉

「ロはロボットのロ」には架空の国が登場し、その国では「イーストランド金貨」(仮にELKと略します)が流通しています。パン職人のエドとココの親子は金貸しのマニーから600万ELKの借用証を突きつけられ、返金を迫られるシーンがあります。さて600万ELKとはどれほどのものでしょう?そのヒントは劇中の別のシーンにあるように思います。テトはパンを作って300ELKを用立てて、エド・ココ親子を助けます。この時のテトのパン製造能力は1日千個弱で、仮に3日間かけて3千個近くを製造し、1個200円で売ったとすると、総売り上げは約60万円。つまり1ELK=2000円という関係になります。このレートを使うと、借用証の600万ELKは約120億円!。架空の話とはいえ、スケールが大きいですねぇ。

──────────────────

『プチエッセー・男は女で〜女は男』

福井晴美

私は「イーストランドの市場」のシーンで8人の海千山千の売り子の一人として賑やかに合唱します。その歌詞の中に “男は女で〜女は男〜”というフレーズがあります。この歌詞っていったいどういう意味? いっぱしの曲作りを気取りつつも思索は宙に浮くばかり。そんな折、地下鉄の車内広告(女性誌)の キャッチコピー「私の中には“オヤジ”と“オンナ”が住んでいる・・・!」が目に飛び込んできました。そういえばオヤジギャルって流行語もあったけ。 反面、小町心を持つ男も存在することでしょう。むむむむむむむ〜男も女もそう単純にはできていない。複雑そのものじゃ・・・とドリトル博士はつぶやき、一方ワタシの拙い思索はテッテコテトテトまだまだ続く・・・。

──────────────────

5人のロボットたち

本郷一真

最近ではいろいろなロボットを見る機会があります。それは、人型だったり犬型だったりさまざまな形のもので、災害救助や、ものつくりなどそれぞれに仕事があります。今回の主役のテトは、人の形をしたパン製造ロボットです。でも、ただパンを作るだけのロボットってわけではなくて、怖がったり、悩んだり、勇気を出してみたりと、その様子はまるで人間そのもので、とてもほほえましいです。

さて、今回の公演でテトを演じるのは5人の団員たちです。個性豊かな5人が演じる個性豊かなテト、さらに、他のさまざまな個性豊かな団員達が演じるキャラクターたちを、お楽しみください。

──────────────────

私のすきなのは・・・・・?

三輪禎子

今年はオペラ『ロはロボットのロ』で初めて役付きになりました。私の役は、ママ・モンロー・・・・決してマリリンモンローではないのですが、わざと間違った振りをしています。「私の愛しい息子・・・テト」から時々、「ぼくのお母さん!」といわれるとハタと現実に戻ります。その次に好きな役はケチで欲ばりでわがままお后ジーン・何でもかんでも欲しがり屋のジーンです。次があれば・・・・挑戦したいな!!

──────────────────

テトの今一番すきなものは?

山本正子

「たった一つ、何よりも好きなものはパン作り」と、胸を張って言っていたテト。そのテトが、「大好きなパン作りより、もっともっと好きなものが・・・・」とココに打ち明ける場面がある。テトの心を変えたのは何? テトは動かなくなる前に、今の自分の気持ちをココに伝えようとしていた。でも、とぎれとぎれのかすれた声で、ちゃんとココに伝える演技は難しいだろうな。そういう場面が、観客の皆さまにはどんなふうに伝わるのだろうか・・・。など考えすぎると自分の練習が疎かになり、歌詞がポッと抜けたり、ようやく取れるようになった難しい音が不安定になっていたりという厳しい現実が。さあ、大変!

──────────────────

 パン

渡辺勝重

そんなにおいしいパンってあるんだ!?だって、ジーンが食べずにはいられなくなる。毎日食べたいパン。テトが焼くパンはすぐに売り切れ300イーストランド金貨の売り上げ。自分にとって食べずにはいられない物って何かな??そうだ!15年通い慣れた恵比寿の中華屋。ここは味も良ければ、おじちゃんおばちゃんもいい人なんだよな。テトのパンはおいしいし、人??もいい人だもんね。