東久留米公演プログラム10ページより
Viva若竹ミュージカルPart IV
卒業生と保護者

「東久留米・地元の皆々様に感謝」

津田 淳子

 昭和41年東久留米市の黒目川河畔に新校舎が完成移転してから40年、その間東久留米市と近隣の皆様にはいろいろお世話になってきました。今回多年の懸案であった地元でのミュージカル公演を地元の多数の方々のお力添えをいただき実現させていただきました。  心から感謝申し上げております。

   ──────────────────

「東久留米と私」

18回 坪上 義子

 私は小学部2年から転校してきました。学校の側には牛小屋があって、黒目川もよくあふれていました。小さな駅でした。卒業後も手芸やミュージカルに来ています。40年近く通っています。今度東久留米で公演できて、とても嬉しいです。一生懸命歌います。

   ──────────────────

21回卒 植田 久

 東久留米公演では、心をこめたセリフと歌を思いっきり歌いたいと思います。

 中学で入学してから30年近く通っている東久留米で公演できることは、本当にうれしいことです。ぼくたちの公演を観にきてくださった人たちにこころからのお礼を言いたいと思います。ゆっくりごらんになって頂きたいと思います。

植田 千代子

 卒業後の余暇活動の“若竹ミュージカル”入学以来の東久留米通いはつづいています。

 かわいかった中学生の頃から今日まで、東久留米はしっかり“ふるさと”となりました。この地で、お仲間たちと育てて来たミュージカルの公演をさせて頂けることに格別、感慨深いものがあります。皆様方には数々の場面で支えて頂き、今日に至っておりますこと、感謝の思いで一杯です。この後も、どうか変わらぬ皆様方のお力添えをよろしくお願い致します。

   ──────────────────

「大好きな若竹ミュージカル」

23回卒 小池 美奈子

 若竹ミュージカルに入って13年になりました。歌がすきです。ダンスを踊るのが楽しいです。動きがむずかしいです。これからもミュージカルをがんばります。どうぞみにきてください。

「積み重ねの妙」

小池 惠子

 13年目に入った若竹ミュージカルの歴史を顧みると、少しずつの積み重ねが大きくなってきていることを感じます。当初のメンバーが残っている上、新しいメンバーが増えこそすれ減ることはなく隆盛を誇っています。ミュージカルナンバーの大作を三作品を作りあげてきたことは、関わった人皆の熱い思いによる物と思います。指導者、支援者、地域の方々、家族の連携が良い方向へと輪がひろがりつつあります。公演の際の会場の熱気と拍手がそれを如実にあらわしているのです。

とても素晴らしいことです。将来的には困難な課題も発生してくるでしょう。関わる人々全員が知恵を出し合って解決の道を見出していきたいと思います。

   ──────────────────

25回卒 小林 竜一

 東久留米の公演は僕が高校の時、東久留米に住んでいたので、杉の子第二作業所や、水曜クラブ、親の会、近所の人が見に来てくれるのがうれしいです。

ラザールのセリフとか、ダンスや歌をがんばったのを見てもらいたいです。

東久留米公民館でも、全レクの時4回くらいステージに出ました。

今度も一生懸命がんばります。

小林 美沙子

 学校を卒業して20年になります、学芸会が好き 舞台が好き、舞台は竜一にとって自分を表現できる心地よい場所のようでしたのでミュージカルが出来るとすぐ参加しました。上がる事も恥ずかしい事もあまりないと思っていましたが、積み重ねのミュージカル練習の中でそれらの感情が豊かになり、仲間との交流など沢山の事を学んできました。全レク以来20年ぶりの東久留米公民館での舞台は感慨無量です。

25回卒 田口 雅之

 ぼくは、中学部のとき、「アラジンとまほうのランプ」のげきをしました。まほうつかいのおばあさんのやくをやりました。とてもおもしろかったです。

 若竹ミュージカルができたとき、すぐメンバーになりました。ダンスがすきです。これからもミュージカルをがんばります。

田口 みどり

 学大養護に在学中、息子の大好きな行事の一つに学芸会がありました。

先日もアルバムを見ていて、中学部の「アラジンと魔法のランプ」での写真を熱心に見ておりました。彼は魔法使いのおばあさん役で、はじめは不服だったそうですが、途中からとても気に入り、一生懸命練習をしていたそうです。皆様からも好評で、本人はとても喜んでいた事を思い出しました。その楽しさがあったのか、若竹ミュージカルが立ち上がった時、すぐ参加したいと申しました。20年も前に演じた役を、まだ鮮明におぼえているとは驚きましたが、何か一つでも学生時代の良い想い出があり、それが現在の生活につながっているのは、とても幸せな事だと思っております。

   ──────────────────

25回卒 木村 智子

 学大に入学して新しい制服や新しいお友達がいっぱいできて嬉しかったことが懐かしいです。

 卒業してからも若竹ミュージカルで、また先生や皆と一緒に楽しく練習できるので夢みたいです。大好きな「世界にたったひとつだけの花」の歌のように、私は自分の好きな虹色の花を、舞台で思いっきり、ステキに咲かせようと思います。皆で仲良く力をあわせて、一人ひとりが「自分の花」を咲かせて、若竹ミュージカルのお花畑を世界一大きな美しいお花畑にしたいです。 

木村 希代子

 高等部入学後 担任から「根気」「元気」「のん気」の三つの「気」と「やるっきゃない」を教えられ 卒後20年近く経ちました。今まで 私たち親娘の前に大きな山が立ち塞がるたびに “もう これが限界”と思いながらも この言葉を呪文のようにして自分を励ましてきました。サウンドオブミュージックの「すべての山にのぼれ」の曲は自分のことのようで涙があふれます。さぁ、またギア・チェンジして次の山に挑戦! 目いっぱいエンジンをふかせて・・・・ 

   ──────────────────

「東久留米にいた時」

25回卒 近藤 さと子

 私は中学部になった時、東久留米にひっこししました。羊奈子さんやひとみさんが近くだったので、ときどきあそびに行ったり来たりしました。学校のかえり、田口くんといっしょのときもありました。とてもたのしかったです。東久留米のお友だちが見に来てくれるので、がんばります。

「東久留米のお友達」 

近藤 和子

 世田谷でご近所だったお友達が東久留米に引っ越して10年後、さと子が学大養護に入学したお陰で、叉近くに住むことになった時はとてもうれしかったです。学校のバザーやボランティアもお手伝い下さったり39年間もお世話になっている友達です。その他、大門住宅の方や親の会のお仲間など沢山のお友達が出来ました。秋津に来てからも、学校・美容院・歯科・買い物などでよく行く東久留米は私たち親子にとっては「故郷」のようです。

   ──────────────────

「やったあ!!」

27回卒 上田 徹・恭子

 日野市から学大養護に通学した6年。そしてバオバブに通所して10年、氷川台のグループホーム生活が4年経過し、計16年間東久留米で過ごしたことになります。

 先日、息子と街中を歩いていると知らない方から、「頑張っているか」と声をかけて下さいました。明るい笑顔で、頭を下げて挨拶しているのを見て、この街に馴染んでいる姿を嬉しく思いました。周りの方々の暖かいご支援のお蔭と心から感謝致します。今回、地元で若竹ミュージカルを公演することになり、本人も張り切っています。

 共通の目標に向けて仲間と共に練習に励んできたミュージカル公演で、毎回終演直後に両手を高く上げ、「やったあ!!」と大きな声を上げます。それは、「頑張った」、「楽しかった」、「ありがとう」等の気持を含めた本人の精一杯の表現方法かと思います。これからも聴衆の方々の暖かい声援の中で、ミュージカル公演活動を元気よく楽しく続けてくれることを願っています。

   ──────────────────

「ミュージカルに入って」

27回卒 小野寺 邦江

 私は、高等部の3年間東久留米に通いました。卒業してからの方が長く通っています。ミュージカルに入っているからです。歌やダンスが大好きです。先生やお友達やオーケストラのお兄さんお姉さんと会ってミュージカルをするのが一番楽しいです。お母さんと一緒に家で歌をうたったり、お話をしています。お客さんに見てもらうのも、うれしいです。

「ミュージカル出会えて」

小野寺 恵江

 学大養護にご縁があり、若竹ミュージカルに出会えた事に感謝しております。ミュージカルは私達親子の宝物になっています。娘は精神的な障害もあり不安定になり参加できなくなった時、先生お友達お母様方支援して下さる多くの方々に励まされ支えて頂き乗り越え続けることが出来ました。今ではミュージカルの歌、話で日々の大半を過ごしております。共通の話題を持ってこの上ない喜びです。

   ──────────────────

「ミュージカルと私」   

27回卒 近藤 由里

 そつぎょうして何年もたつけれど、わたしは学校が大すきです。ミュージカルにさんかすることはたのしいです。先生や友だちにあうのはうれしいです。ひがしくるめから見るふじ山はきれいです。

「この地とのきずな」

近藤 由紀子

 東久留米の駅も町も学校もすっかり変ってしまったけれど、駅に降り立った時になぜかホッとするのです。20数年間通いなれたからでしょうか。由里にとっても東久留米は一人で通える大切な場所なのです。この公演の前に由里が大きな病気をしました。親子共々に心細い思いをしましたが、ミュージカルのメンバー達からの励ましや支えに勇気を与えられ、この活動をつづけてきてよかったと改めて思いました。

「東久留米のみなさんへ」

27回卒 鈴木 真奈

 わたしの大好きな東久留米には、わたしの卒業した学校があります。電車のそばの道を通って毎日、学校へかよっていました。ミュージカルのれんしゅうは楽しいです。東久留米にすんでいるみなさま、ぜひ、私たちの若竹ミュージカルをみにきてください。 


「私と東久留米」

鈴木 文雄

 昔、「わたし東久留米が大好き」と娘に言われたことがあります。良く考えてみますと、娘の通っていた学校の在る場所でした。今、私は娘と一緒にその学校へミュージカルの練習に通っています。東久留米の皆さん、どうか私達のミュージカルを観て下さい。一生懸命練習を致しました。

   ──────────────────

「ミュージカル大好き」

27回卒 盛生 正子

☆歌うのと、ダンスをするのが大好きです。セリフも大きい声でいえるようになりました。

☆練習のとき、お友だちみんなとあえてうれしいです。

☆練習のとき、本番のときいつもお母さんといっしょにでられてうれしいです。今度の公演では「もうすぐ17才」をソロで歌います。家では、お姉さんにピアノをひいてもらっていっぱい練習しました。がんばります。聞いて下さい。

「若竹ミュージカルは私たち親子の生きがい」

盛生 桂子

 生きがいとは、いい場に身を置く事だそうです。この若竹ミュージカルは、正にその通りです。言語の障害を持った我が子、初公演時「ディズニーランド」の一言が言えず練習を重ね、本番で一声が出た時の感動は、忘れられません。今回ソロで歌えるまでになりました。これも12年の軌跡によって生み出されたものと思います。継続と出合いは大きな力です。今すべてに感謝です。

   ──────────────────

「東久留米公演にあたって」

30回卒 伊藤 公一

 東久留米でのコンサートはこれで2回目です。僕は学校時代にいろんなことをしました。朝のマラソンで成美荘の山道が苦しかったのや畑と田植えをしたのと校内での勉強が楽しかったです。ミュージカルを楽しみに東久留米市のみなさんが大勢見に来て下さるのが楽しみです。僕は歌のソロとダンスをがんばりますので見て下さい。

「心の故郷、東久留米に感謝」               伊藤 敬子

 黒目川に架かる西武池袋線の鉄橋の下に、美しい富士山を見る事が出来た日は何故か縁起が良い事が起こるような気がする。三鷹から東久留米に通うこと20年。泣き笑いの歳月の中で幾たびも富士山に子供の幸せを祈った。変貌する地域にあって、変わらぬ改札口や石畳に迎えられるたびに、故郷に帰った様な安らぎを感じる。学校を巡る豊かな自然とあたたかな人情に心からの感謝を捧げたい。

   ──────────────────

「歌が好き!」

30回卒 清野 友規

 ぼくは、中学と高校を付属養護学校に行きました。毎日、一人で、国分寺から電車に乗って東久留米に行きました。ぼくは歌が大好きなので、学芸会が一番楽しかった。皆で音楽を合奏したのもおぼえています。卒業してから、若竹ミュージカルをはじめました。学校に行って、先生や友達に会って練習するのが楽しいです。歌やダンスを沢山おぼえました。

「私は女優?」

清野 三千子

 “私は女優で頑張ります!”若竹ミュージカルの新年会で、大それた抱負を言った私。子供と一緒にこの活動に参加して12年余り、平常の練習や公演の舞台での感動を皆で共有できる素晴らしさに、私は何時の間にか若竹ミュージカルの虜になっていました。今日は、学校創立50周年記念行事の時、東久留米の皆様と第九を合唱させていただいた時の感激も胸に、舞台に立ちます。お楽しみ頂ければ幸です。

   ──────────────────

「若竹ミュージカル」

31回卒 相磯 岳史

 ぼくは舞台に出ることが、とってもすきなの・・・・。その時だけ元気になれるんです。先生や仲間たちに会えることも楽しみです。これからも頑張ります。よろしくお願いいたします。

相磯 君絵

 12年間は長いようで終わってみると、とても短く感じられる。ミュージカルに親子で参加出来たことは、本当にラッキーだと思う。とても良い経験をさせてもらってうれしく思っています。子どもは地域との関わりは、あまりありません。ミュージカルで先生や仲間たちに会える楽しみもあります。これからもよろしくお願いいたします。

   ──────────────────

「東久留米がすきです」

31回卒 小島 諭

 東久留米市でミュージカルの公演をするのがうれしいです。

 ぼくは、中学部から東久留米に行っているので18年になります。駅がきれいに新しくなりました。

公演ではぼくは、けっこんしきの司祭様をやります。みてください。

小島 訓子

 私は息子が卒業後、縁があってさいわい福祉センターでの事業に参加することになり、しばらく通う時期がありました。時間があるときは黒目川の遊歩道を通って遠回りして駅まで歩いたものです。ゆっくり物を考えるときは私は良く歩きます。この遊歩道はそんな私にぴったり!!。この度愛着のある東久留米で、地域の皆様の応援をいただき『僕たちのブローウェイ』が公演できますことはとても幸せに思います。

   ──────────────────

「学芸大附属養護学校と学芸会」

31回卒 坂井 智明

 私は高等部からこちらの学校に入りました。楽しい事がいっぱいで、皆で相撲をしたり野球をしたり、物を作ったりいろいろ勉強をしました。中でも思い出は、学芸会です。はじめてセリフを言いました。荒物屋の主人になりました。むずかしかった。けれど楽しかったです。今はミュージカルで皆と勉強をして、お客様に観ていただいています。歌もうたいます。ずっと続けたいと思います。

「夢はいづれブロードウェー」

坂井 照子

 息子は、東久留米ののどかで広々としたこの学校で、心温かな校風のもと社会人として巣立ちました。卒後若竹ミュージカルに入り、作品を通して様々な勉強を重ね成長してまいりました。彼らの純粋で心からの優しさにあふれた言動は、一緒に参加していまして、教えられることが多々あります。私も彼らに負けないようミュージカルスターの夢にむかい練習をしています。夢はいづれブロードウェーです。

   ──────────────────

31回卒 藤江 真二郎

 コンサートの練習をしています。まだまだこれからです。歌とダンスは合わせなくてはならない、それをちゃんとやればよいと思います。

《屋根の上のヴァイオリン弾き》の結婚式の歌のところはもっと静かに歌えばよいと思っています。

             

藤江 もと子

 寅さん流にいえば「若竹ミュージカルは生まれも育ちもこの東久留米」、1994年“にぎやかカーニバル”でデビューしてからいつのまにか12年がたち、あちこちでの公演を重ねて久しぶりにこの度、あの時と同じこの中央公民館ホールに戻って参りました。

 今日は大きく成長し変貌した(みんなトシをとった?)若竹ミュージカルをどうかゆっくりお楽しみ下さい。そしてこれからもどうぞよろしく。  

   ──────────────────

31回卒 小林 美保

 ミュージカルをやっていて楽しいです。東久留米の公演を頑張ります。

小林 春江

 娘は在学期間は3年でしたが、卒業して13年が過ぎました。この間、工藤先生はじめ素晴らしい仲間に出会えました。特にミュージカルに参加してその仲間は増え、大変嬉しいことです。練習日のリレートークでは友達がそれぞれに家族のことや旅行に行ったこと、仕事のこと、ニュース、スポーツ等に何でも好きなことをお話しします。そんなやりとりがみんなの主張できる、とても良い場所だと思います。友達の話を聞いていつしか自分の糧にし、毎日の仕事も頑張っています。

   ──────────────────

31回 谷山 いづみ

 私は6年間養護学校に通いました。学校ではいろいろな行事があって楽しかったです。合宿で学校の近くの銭湯に行ったことが楽しい思い出です。卒業してからは、大好きなミュージカルの練習で学校へ行くと、仕事の疲れもとれて元気がでます。これからもミュージカルを続けて行きたいです。

谷山 洋子

 娘は養護学校が大好きで楽しい学校生活を過ごしました。卒業後もミュージカルの練習で学校へ行き、友達や先生とお会いして元気になって帰ってきます。私も学校やPTAの行事で学校へ行きましたが、緑が多く、川も流れていて、天気によっては富士山も見れて、心が安らぎました。今は親子でミュージカルに参加させて頂き、練習で学校へ行くのが楽しみです。大勢の方に舞台を観て頂けたら嬉しく思います。

   ──────────────────

32回卒 栗山 和宏

 ぼくはミュージカルが一番楽しいです。学芸大学養護学校の友だちと先生とオーケストラの人々といつも一緒がいいです。練習は大変だけどいろんな所で公演するとたくさんの人がみに来てくれて嬉しいです。これからも仕事とミュージカルを頑張ります。応援してください。

   ──────────────────

32回卒 小林 憲治

 養護学校は楽しかった。農耕班たんへんだった。ミュージカルたのしい。

   ──────────────────

32回卒  河西 美保子

 6年間東久留米にかよいました。学校たのしかったです。校外学習で竹林公園に行きました。東久留米すきです。

 そつぎょうしてミュージカルにはいりました。東久留米のカーニバルでサウンドオブミュージックのきょくをうたいました。また東久留米で公えんするのでたのしみです。

みなさんによろこんでもらえるようにがんばります。

河西 正子

 「いつか地元で公演出来たら」たぶん全員の願いだったでしょう。今回実現することになりわくわくしています。

 あの素朴な駅舎、学校までの商店街、お隣の幼稚園、黒目川や裏山等々在校時代の思い出とともに心に残っていました。そして、ミュージカル活動に参加して卒業後12年間もおつきあいが続きお世話になっている東久留米、もう自分の街のように愛着を感じています。

 大好きなミュージカルを大好きな仲間と大好きな場所で演じられることに感謝です。どんな舞台になるでしょうか。皆さんに楽しんでいただけたら嬉しいです。

   ──────────────────

「ミュージカル」

34回卒 鈴樹 裕一

 僕はミュージカルが好きです。歌ったり踊ったりとても楽しいと思います。セリフを大きな声でハッキリと言えるようになるといいなと思って、がんばっています。たくさんの人に見に来て欲しいです。

   ──────────────────

上林 (父)

 一時休養させていただきましたが復帰して一年、以前にも増して頑張って練習を積んできたようです。そして今回は重い役を戴いたとかで大変な張り切りようです。是非成功させたいものです。

   ──────────────────

「東久留米の皆様へ」

35回卒 春日 貴代志・三枝子

 高等部へ入学(平成6年)を許されて、3年間、学校近辺にお住まいの東久留米の皆様には暖かく接していただき、心から感謝していました。平成10年、若竹ミュージカルに加入後また、懐かしい学校、東久留米へ月に2回程、練習で訪れています。

 この度は、暖かく接してくださった東久留米の皆様の前で、公演ができることになり、喜んでいます。感謝をこめて、がんばって、歌います。よろしくお願いいたします。

   ──────────────────

「私と若竹ミュージカル」

35回卒 白川 優子

 学生の時に、若竹ミュージカルができました。卒業したら、絶対に入ろうと思っていました。学生の時の友だちに会って歌の練習やダンスの練習をするのはたのしいです。学校がきれいになってうれしいです。ずーっとつづけたいです。

白川 博子

 彼等にとって、余暇とは何であろうかと、子どものちいさい時から考え続けた結果、我が家の場合は行動の合間、寝る前など、自室に入っていつも音楽を聞いている。何回コンポを壊した事か。CDにいたってはいつのまにか、父親のCDであったり、母親のCDであったり。

 若竹ミュージカル部は、彼女が学生の時は追っかけをして、卒業して入部した時は、とてもうれしそうでした。 

   ──────────────────

「みんなの東久留米」              39回卒 戸田 尚幸

 僕は高等部から附属養護学校に入学し、東久留米の街を知りました。運動会や学芸会のポスターを商店街に貼らせて頂いた事が楽しい思い出です。東久留米の街は自然がいっぱいで、気持ちがいいです。黒目川の流れや氷川台の丘の鳥の声や西武線の踏み切りの音が大好きです。皆さんに僕たちのミュージカルを見て頂けたらとってもうれしいと思います。                 

「東久留米に通って」              戸田 玲子

 8年前、息子が高等部に合格しこの学校に通えることになった時の嬉しさは今でも忘れられません。何よりもこの学校が東久留米の街に抱かれるようにして活気ある町中に在るという事が感激でした。子供たちや学校への暖かなご理解を感じたからです。今は土、日に賑わう駅前商店街を通るのも楽しみです。今日はお礼の気持ちで精いっぱい演じ歌います。

   ──────────────────

「若竹ミュージカルに参加して5年」

39回卒 佐藤 佳代

 私が初めて若竹ミュージカル参加してから5年が経ちました。

先輩や先生達にいろいろと教えてもらいながら練習してきました。月2回の練習を楽しみにして学校に行っています。

 5月6日の東久留米地元での公演には今までの練習の成果を出し切って頑張りたいです。プログラムは去年と変わっていますが、新しい歌や踊り、セリフも覚えました。

これからもいろいろな歌や踊りなどに挑戦して、先輩達みたいに上手くなりたいと思います。本番に向けて頑張ります。

                       

「東久留米公演に向けて」

佐藤 順子

 「さあ、明日もミュージカル頑張るぞー」と腕をぐるんぐるんと大きく回して、意欲満々の佳代です。在学中からどうしても参加したいと本人が思っていた若竹ミュージカルです。

 東久留米の公演に向けてとても頑張っている様子を見て嬉しく思います。これも先生や先輩、お母様方、支援者の方々のご指導のお陰です。体調を管理して、公演ではこれまでの練習を充分に発揮し、東久留米の方々にご覧頂きたいと思います。

 私も体力をつけて応援していきたいと考えています。

   ──────────────────

「幼稚部入学以来20年」

清水 美恵子

 20年前、娘は幼稚部に入学。ずっと黒目川を見て通学していた。8年前、その黒目川沿いの神宝町に転居。今は健康とダイエットの為に娘と川沿いをよく散歩する。幼稚部の頃は青い絵の具を溶かしたような水まで流れていた川が、今では鯉の稚魚がピチピチ泳ぐ様まで良く見える。20年の歳月を感じる。楽しく働き、休日にはミュージカルや音楽教室に通い、娘なりの豊かな青春の時である。

41回卒 長田翔平(母)

 平成元年、養護学校幼稚部入学。2年後にこの地に移り住んで15年。

息子は21歳になりました。

 “地域で育つ”が実現できたことに感謝し、これからも慣れ親しんだこの地で“地域で暮らす”を実現していきたいと思います。